スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月はサボり。

私は元気です。

早くも一月が過ぎる。

何か書こうかなと思っているうちに気付いたら一月が終わっておりました。
今年も宜しくお願いします。

今年を振り返って

今年を振り返ってみると、昨年まではできていた事が色々と出来なくなった一年でした。例えば音楽を例にとると、一昔前であればフジロックとサマソニに来るミュージシャンは一通り耳を通してチェックしていたものですが、ここ数年はフェスが終わった後にライブ映像で後追いするのが精一杯になり、遂に今年はそれも満足に出来ずじまいでした。

では音楽を聴かなくなったのか?というとそんな事はなくて、ただ既存の曲にしろ新曲にしろ、一曲を吟味する時間が長くなったのだと思います。充分に聴き込んだと思っていた楽曲に新たな発見を多く見出したり、最新の楽曲から連想される別の曲をあれこれ参照しながら繰り返し聴いてみたり、今年はそんな傾向が強くなった一年でした。


読書に関しても同じようなもので、毎月発売される興味深い著作のあれこれを追うのが次第に難しくなり、その一方で、軽い読み物はネットで、難解な読み物は古典的な名作で、いずれも関連書を渉猟しながらなので寧ろ読む量としては増えている気がするのですが、きちんと読了した冊数となると格段に減ってしまったように思います。

ネットの利便性は今更口にするまでもないですが、本当に世の中には楽しく面白く興味深いものが沢山あり、いかに自分が何も知らぬ状態であったかを思い知らされるとともに、あやふやな記憶やふとした疑問から広がる世界を眼前に提供してくれるネット検索の恐ろしさが改めて身に沁みた一年でした。


物事をより深く知りたいという方向性は変わらないと思いますが、来年はもう少しまとまった形での読書や音楽・映像鑑賞を心掛けたいと思います。読書を例にとると、ある書物を切っ掛けに色んな方向へ手を広げる読み方だった今年とは趣を変えて、関連する色んな情報を手掛かりに特定の書物を読み解く方向で行こうかなと思っております。


今年を振り返ってみると、音楽領域では紅白のラインナップを見ても解る通り、特に国内ではヒット曲というものが一段と見えにくくなった年だったと思います。出版分野では、ピケティの経済書が異常な売り上げを記録していると聴いた時には、古き良き教養主義の香りを感じて嬉しくなったものでした。そして、件の書が政権批判に益さないと判明した途端に話題に上らなくなった事には落胆したものでした。

政権側からの「批判を許さない」とする無言の圧力も依然問題ですが、反対派の「何でも良いから批判しろ」という節操のなさとそれの強制も困ったもので、来年も同じ構造のまま続きそうなのが不安ですね。経済の行方も不透明ですが、全て賛成か全て反対かで色分けを強いるのではなく、コストと効果、利点と欠点、短期と長期の影響などを議論し合える環境が広まって欲しいものです。


いずれにせよ、個人的にも広く一般にも、来年が良い年になりますよう願いつつ、今年はこれにて。
皆様も良いお年を。

今年もあと二ヶ月。

ログインして記事の更新画面に辿り着いた時点であと5分ではどうしようもないわけで、今月もダメダメでしたがあと二ヶ月ぼちぼち頑張ります(^^;;)。
とりあえず生存報告的な感じで、今月はこれにて。

夏バテなのか年なのか。。

気付けば月が変わるまであと十数分という現在、皆様いかがお過ごしでしょうか?某2巻の話とか色々と更新する意欲だけはあるはずですが、時の流れとは早いものです。。。

最近は週に1〜2度ほど、特に土曜日辺りは家に帰ってネットに繋げる間もなく睡魔に完敗してしまうケースが増えておりまして、夏バテのせいなのか年のせいなのか分かりませんが、そこで寝ないと如実に体がどこか重くなる感じで後々が辛いので自然の欲求に従ってバタンキューしております。

皆様におかれましても、少しは熱気が和らいできた昨今とはいえ、健康にはくれぐれもお気を付けて毎日をお過ごし下さいませ。

では、今月はこれにて。。

今月も

生存報告とブログに浮かび上がる広告を消す為という以上の内容を持たない投稿になりますが、しかしもう四月も終わりとは早いものですね〜。読みたいものや知りたい事、身に付けたい事が山ほどあるのに、増えるばかりで一向に消費できず、我ながら情けないものです。。。

そういえば、自分はリアルとネットはできれば厳密に区別したいと思っている者でして、ネット上でリアルの身の上話などは全力で避けたいと思っているのですが、そしてそれはまぁ一般的な感覚からはずれているんだろうなと自覚もしているのですが。
私がネット上で望む事はとても単純な事で、ただ文章を書いて、それを読んだ人の心の中になにがしかのものを残せる内容のものが書けたならそれで満足できる程度の事です。
この記事がそれを満たせているわけもないのに何を言っているのだか、というツッコミが聞こえてきそうですが(笑)、またちゃんとしたものを書いた時には宜しくお願いします、という感じで。

では今月はこれにて。


ネット上の情報は、どの程度信頼して良いものか?

いつの頃からか、エイプリル・フールが「嘘を吐いても良い」から「嘘を吐かねばならぬ」日に変貌を遂げ、語り手のセンスの差が痛々しいほどに明らかにされる、そんな切ない一日を間近に控えた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?読み手を困惑させる嘘を吐くくらいなら、敢えてこの日も正直に過ごす、そんな人物や団体があってもいいじゃないか、人間だもの。そう思う人が一人でも多く増えてくれる事を願っております(笑)。

まぁ、そんな前置きはさておき。表題の件について。


今や大手マスコミだけでなく、ごく普通の一般人がネット上で私見を開陳できる時代となりましたが、今も昔も変わらず肯定論と否定論が並立しています。大まかな傾向として、前者は多様性を、後者は信憑性を挙げてそれぞれの結論へと導く事が多い気はしますが、とはいえ多様性を有効的に掬い取るのは難しく、同時にネットの情報が嘘ばかりというわけでもありません。

それらネット上の情報を個別に精査すれば、それぞれの意見について評価を下す事は可能です。が、ここではそうした細かい話ではなく、総体として「ネット上の情報は、どの程度信頼して良いものか?」あるいは「本当に重要な情報は、ネット上には出ない」と言い切って良いものなのか?それを少し考えてみたいと思います。


この手の話は自分にとって今日が初めてではなく、また巷でも同じような議論が数多く成されている事と思います。そして、上記のような断言をされる方も、今日が初めてではありません。とはいえ自分としては、発言者の意図は理解できると思いつつも、やはり今日も違和感を感じずにはいられませんでした。

サンプルが少ないので論理が飛躍して聞こえるかもしれませんが、この手の主張をされる方は何らかの専門職に従事しておられるケースが多い気がします。そして、ある特定の分野に詳しくなるほどに、それが世間で語られている事に首を傾げる場面が多くなるのは、多くの方に同意を頂ける事ではないかと思います。しかし、一人の人が複数の専門分野において、一般に語られている事に正しく疑問を持てるほど精通できるかというと、それは難しいと言わざるを得ません。


こうした事を踏まえた上で私見を述べると、

・ネット上には、重要なものから嘘八百まで色んな情報が存在する。
・専門的な知識や経験のある分野では、それら玉石混淆の情報を整理して上手く利用する事ができる。
・しかし、人は往々にして自分の能力を過信し、その道の専門家に劣るものではないと思い込みがちである。
・その結果、自分が思い描く結論に都合の良い情報ばかりを選び取るという罠に陥る。

ここに至って、冒頭で肯定派と否定派がそれぞれ重視していた二つの事、すなわち多様性と信憑性はともに失われ、「ネットの情報は当てにならぬ」という結論が、肯定派は「未だ」、否定派は「やはり」という冠が付くという違いはあれども、共通のものとして採択される事になるのではないか?と思ったのでした。(よくよく考えると、こうした展開に陥るのは、ネットに限った事ではないのですが。)


以上の話では専門分野の知識を個別のものとして考えた為、現実と齟齬を来す部分も多々あります。ざっくり言ってしまうと、情報を取捨選択して自分の中で再構築し表明するという一連の思考プロセスの基礎がなっていないと、どれほど特定分野の知識を貯め込んだところで無駄なのですが、その基礎を疎かにする人は少なくなく、その基礎に思いを致す事さえ稀な人がほとんどです。

自戒を込めて書きますが、表題の問い「ネット上の情報は、どの程度信頼して良いものか?」は、ネット上で発言している人はもとより読む専門の人であっても他人事ではなく、むしろ各々の情報に対する基礎能力・専門能力が直接的に問われていると考えるべきかと思ったのでした。


以上、久しぶりに真面目に頭を使って満足したので、くだらない漫画でも読んで寝ようと思います。信頼できない、くだらないものにも存在意義はあるのかもしれない、というのはまた別のお話。では皆様、良い夢を。

今月は

例年通り2月はあっという間に過ぎてしまいますね。
今月は買った漫画すら読めていない状況に陥っておりますが、とりあえず生存報告という事で。
また来月から頑張ります。

では、今月はこれにて。

あっという間に

気付けば1月が終わりますね。皆様いかがお過ごしでしょうか?
お陰様で当方は、この冬まだ風邪をひいておらず、ぼちぼち過ごしております。


今月も世の中では色んな事があって、表現の自由とか人質とか、それらは確かに個人として考えるべきテーマではあるものの、漏れ聞こえてくる声高な主張には素直に頷けないのが困ったところです。

一般に、右寄りの方々は不勉強な割に統制的な物言いで、左寄りの方々は自分の主張に合う変な言説ばかりを勉強して同じく統制的な物言いで、いずれも尊敬に値するほどの深みを感じさせてくれないのが残念ですね。


今月はサッカーのアジアカップもありましたが、まさか豪州とも韓国ともイランとも戦う事なく大会を去るとは思っていませんでした。

コンフェデに出られない上に次回アジアカップの予選を戦う必要も出て来たので、強豪と試合をする機会がぐんと減りそうで困った事ですが、選手が各々のクラブで経験を積んでいくしかないと開き直って頑張って欲しいものです。


以上、時事ネタに簡単に触れながら軽く書いた記事をアップして、今月はこれにて。
また来月お目にかかりましょう。

書きたい事

なかなか時間が取れなくて&書きたいと思う事は情報量が多くて、記事を上げるのが難しい昨今ですが。。。来月は年末という事もあり、こんな事をできれば書いておきたいんだけどなぁ…というリストを挙げておきます。

・今年の時事ネタ
・音楽ネタ
・政治の話
・読んだ本の話
・クラシコなどサッカーの話

来月もどれほど時間が確保できるか分かりませんが、理想はこれら全ての記事を書き上げたいなと思っております。書けるといいなぁ。。。

以上、簡単ですが今月はこれにて。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。