スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツあれこれ

幼い頃から刷り込まれているからなのか、自分にとってやはり阪神タイガースというチームは特別で、極端な場合にはバイオリズムにすら影響を及ぼすのが困ったものです。

んで、この終盤に来ての7連敗は残念とか哀しいとか以上に苦痛に近いわけですが、今年はプレーオフがあるという事で、リベンジの機会がまだあると喜んでいいのやら、それとも優勝争いから脱落した事を恥ずべきなのやら、それ以前にまた巨人・中日と試合をするのかとうんざりした気持ちもあって、複雑な今日この頃であります。


しかし、誰かが言っていた事ですが、往々にして男の人は監督の目線でスポーツを観戦し、女の人は観客の目線で観戦する、ってのは自分にとってはその通りで、それは阪神についても変わらないわけです。

で、他のスポーツについても、お気に入りの選手とかチームとかが多少あるわけですが、それらと阪神の違いは何かと言うと・・・。これは意識の問題なのでしょうが、自分の人生の一部をそのチームに賭けてしまったか否か、という事なのかもしれません。

監督でもあり、また観客でもあるのは間違いないですが、勝敗の結果に大金を賭けた賭博者にも似た心境が存在する事もまた、かのアレクセイと比較するまでもなく、確かな事のように思えたのでした。


意図せず話がややこしくなって来たので他のスポーツに目を向けると、浦和の勝ち抜きは嬉しく、川崎の敗退は哀しく、とはいえバイオリズムに影響を及ぼすほどではなく。


日本にとって、ラグビーのワールドカップは何だったのだろう?と。

個人的には初戦が全てで、あれによって色んな意味で観る気を失ったわけで。試合の内容や結果・監督の采配は勿論、試合の中継が何というか・・・試合中に地上波ですらオフサイドの説明をしなくなったサッカーとの格差を認識した事が、哀しみの決定打だったのかもしれません。

最終戦、同点に繋がるトライを放送しない放送局の失態は確かですが、それに怒っている人に「でも結局、その程度の扱いなんだよ」と言いたくなるような、何だか冷めた感じ。

で、結局は国際試合よりも国内の、大学とか社会人とかの対戦の方が盛り上がる事を多少残念に思いつつ、でもたまたま今日の夜にこんな番組を観て。

大学選手権が楽しみになって来た単純な自分なのでありました。



ところで、関係ないですが、最近の自分はどうやら月ごとに特定の食べ物にどうしようもなくハマってしまうみたいで。

6月ごろにはレーズン入りのパンを3日に2回ぐらいの割で食べていた印象があるのですが、どうやら今月は「だし巻き」みたいです。

呑みに行ってもだし巻き。家で食べる時もだし巻き。しかし作り手によって色々と差があるのは面白いですね。



以上、何が言いたいのか自分でも分からぬままにだらだらと書きましたが、今日はこれにて。
読んで頂いて、ありがとうございました。


関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。