スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国武将診断

何やら、戦国武将診断というものをたまたま知ってしまったので、とりあえずやってみました。

で、結果がこちら↓↓。


●武力:75点 [よくできました]
あなたの武力です。この値が高いほどあなたは敵をなぎ倒していき、戦闘で能力を発揮できます。現在でも愛する人を怪しい人から守るなどの時に役立つことでしょう。

●知力:75点 [よくできました]
あなたの知力です。この値が高いほど頭がいいことになります。戦闘で仲間の損害を最小限に抑え、相手の損害を大きくすることができます。現在では、有名大学に入って、一流企業に入るもよし学者となって、後世にまで受け継がれるような研究を行っても良いことでしょう。

●魅力:65点 [よくできました]
あなたの性格の良さです。この値が高いほど、周りの人の喜びを常に考える性格のいい人であるということです。

●政治力:80点 [よくできました]
あなたの政治力です。戦国の世でのし上がっていく為には、朝廷や他勢力といかに交渉するかも大事です。この値が高いほど、あなたは自分の会社などで勢力を持ち、出世していくことができることでしょう。

●才能:85点 [すばらしい]
音楽ができるとか人を笑わせるとか、ちょっと個性的な才能。秀吉が天下をとることができたのも個性的な才能を十分発揮することができたからでしょう。


あなたは北条氏康に似ています。

北条氏康の戦略手法は、三国志の時代、呉の柱石と称された名将陸遜の戦略と酷似している。最初はへりくだって敵を油断させ、もしくは長陣に疲れさせて、突如急襲。滅してしまうのを手段とした。武略のみならず、民治に非凡な才能を発揮した点でも共通している。あるいは、中庸を好んだ人格者が、兵略に通暁した場合の一典型なのかもしれない。

そうした氏康の資質は、家督後まもない一五四六年四月の河越夜戦で早くも開花した。一五四一年、北条氏網が死んで若い氏康が当主となると、反北条勢力は好機来るとばかりに大軍を催し、北条方の河越城を包囲した。配下の将が早期救援を叫ぶ中、氏康は「いっさん戦ってもかない難し。謀あるべし」と、和睦交渉に没頭。敵方の諸将も氏康がいつまでたっても歯向かってこず、和解ばかりせがむので「氏康恐るに足りず」の感を強くする。これぞ氏康の望むところであった風魔乱破の報告で、機は熟せりと見て取った氏康は、手勢を率いて河越に急行。電光石火の夜襲をしかけて、十倍の敵を滅した。

待つべきは待ち、守るべきは守り、機に臨んで応変す。氏康戦法の真骨頂である



う~ん・・・魅力が低めで政治力が高いって、それってヤな奴じゃないですかねぇ??なんて不満もありつつ(笑)、ただ北条氏康ってのはかなり嬉しいですね。後継者が氏政だった事と比較的早死にした事を除けば、軍事にも内政にも高いレベルで秀でていた非の打ち所の無い武将だと思うだけに。

それに、後継者の氏政にしても、氏康の死後に里見氏を下して、本能寺後には上野を領して、密かに後北条氏の最大版図は彼の代だったりするわけで。秀吉の実力を見誤ったのは致命的ではありましたが、関東の安定政権の4代目を務められる程度の能力はあっただけに、少なくとも氏康の評価を下げる理由としては弱いかな、と思うのであります。


そんな感じで、ちょっと嬉しい結果だったので、ミニ蘊蓄情報とともに残しておくものであります。
読んで頂いてありがとうございました。
今回はこれにて。


関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。