最近の音楽生活 on TV

いちいち感想を書いていられないので、一気にまとめて処理する事にします(笑)。


そもそも、NHK BSで「黄金の洋楽ライブ」の再放送が一気にオンエアされたり、同じくNHKで「ワールド・プレミアム・ライブ」の再放送もあったりして、お盆の頃からハードディスク・レコーダーがフル稼働だったのが問題なのですが、それらの録画した番組を、時には本を読みながら、時には睡眠時間を削って、必死に消費している今日この頃です(苦笑)。

それ以外で今思い出すのは、国内ものだと、スガシカオの10周年ライブとか、徳永英明の薬師寺1300年記念ライブ。ジャズだとアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの50年代のライブ。そして夏フェス関連で、去年のRising Sunの再放送と、今年のFuji Rockの模様も、少しずつ観ています。


まぁ、だいたい毎年夏はフェスのお陰で観るのが追い付かなくなって、去年は諦めて録画したものをごっそり消去した記憶があるのですが、今年は今後どうなる事やら???

ちなみに秋は来日公演が多くなる影響で、クラシックに追われる毎日になったりします(汗)。



さて、感想を書かずに一気に処理したわけですが、これはちょっとブログ検索の怖さという要素も影響しています。

まぁつまり、あんまり下手な事は書けないな、と、昨日アクセス解析の結果を上梓して改めて思ったわけですが、特に苦言を呈したい時にはどうすべきか?という部分が、自分の中で定まっていないのであります。


一つは、出切る限り良い事を書く様にして、不満点は心に仕舞っておくやり方。

おべんちゃらを書く気はありませんが、短所よりも長所に目を向けるのは一つの効果的な方法であり、書き手である自分にとっても有意義な方法だと思います。


そしてもう一つは、思っている事を素直に書く代わりに、できるだけ検索に引っ掛からない様な表現を用いる事。

ブログで、一般の人には解り難い略称など(例えば普通に名前を書くのではなく「江藤」とか「凸」などと表現する)を好んで用いておられる方の意図がやっと分かった気がしますが、これも方法として効果的であると同時に書き手にとっても有意義な方法だと思います。


ま、難しい事は考えずに二つの方法を適当に折衷してやって行こうと思っていますが、千客万来ではないものの、ブログを完全に閉ざしてしまうつもりもない自分としては、そのバランスが難しそうで、それが故に逆にやりがいを感じてもいる今日この頃なのでした。

そんなわけで、以後スペルミスやら隠語やらが増えて少々読みにくくなるかもしれませんが、数少ないファンの皆様におかれましては、今後とも宜しくお願いしたい所存で御座り候所なのであります。


以上、読んで頂いてありがとうございました。
今回はこれにて。

関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント

固有名詞の隠語ってあまり好きじゃない…読みにくいから(^^;)。

だから、どこそこの5番、と背番号で示すのはどうでしょう?
または、平仮名で書いちゃうとか。


(例文)
 もった持った!しかしパスミス!
 もった勿体無い!!


…なんか楽しいなぁ(^-^;)。

でもあまり平仮名が続くと、若い女の子が書いてるかと思われる…なわけないか(笑)。

むしろ、アルファベットで書こうかと画策しております(笑)。ちょっと読みにくいのが難点ですが。。

平仮名も交えようと思ってますが、↑ネタに走りたくなりそうなので・・・(笑)。

残念ながら、もった選手はあとれてぃこに移籍してしまいましたが、代わりに(?)使いやすそうな選手が加入していますよ↓。


(例文)
やや!でこ、もった!あんりまぁ。。。


最近は若い男の子も可愛い文を書いてるので、大丈夫かと。・・・って、もう若くないっすか?(笑泣)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する