FC2ブログ

最近のMac

適度にWinを併用しつつも基本的にはMac使いなのですが、最近ちょっと微妙に思うことが立て続けにあったので、メモ的に書き残しておきます。


・アップデート問題

先月末だったか、1月のセキュリティアップデートと、使用しているウイルスソフトのバッティングによって、Macが立ち上がらなくなりました。

最初は使用しているHDDかSSDに異常が起きたと思ったのですが、古いOSを残してあった外付けHDDで立ち上げてみると、それらには問題が見当たらず。

とりあえず外付けHDDのパーティションを切って、現行のシステムをそのままコピーした上で、OS(Sierra)をクリーンインストールしました。

しかし各種ソフトをインストールして再起動させたら再び立ち上がらなくなって。

色々と検索をしたり検証を重ねた結果、El CapitanとSierraの環境下で上記の現象が発生するという結論に辿り着いたので、今度はHigh Sierraをクリーンインストールした上で、HDDにコピーしていたシステムからデータを移行して復活しました。

今回の事態の引き金が「セキュリティアップデートを実行したこと」だったのが微妙なところで、ウイルスソフトとかち合ったことといい、真面目に対策をしている人ほど馬鹿を見ているような気がしました。


・HFS形式(Mac OS 標準)でフォーマットされたCD-ROMを開けない

さて、そんな経緯によってOSがHigh Sierraになってしまったのですが、SierraからはHFS形式(Mac OS 標準)でフォーマットされたCD-ROMが開けなくなったとは知りませんでした。

たまたま見付けた古いソフト(WinとMac両用の辞書ソフト)を購入してインストールしようとしたところ、全く認識してくれず。慌てて検索して上記の変更を知りました。

その時に見付けた対応策として、ディスクユーティリティを使って無理矢理CD-ROMを読み込んで、[ファイル]→[新規イメージ]→[イメージ作成]によって.dmgファイルを作成するという手段を知りました。しかし私の環境では上手く機能せず。

仕方なく今回も、古いOSを残してあった外付けHDDを立ち上げてCD-ROMの中身をコピーして、改めて最新のOSで立ち上げてそれを実行することで何とか辞書をインストールできました。


・Delicious LibraryとAmazonデータベース

これはApple社の問題ではなくサードパーティの問題なのですが。

私は長い間、所有の書籍と音楽CDのリストを、Delicious Library(1および2)というソフトで管理してきました。

しかし昨年の秋頃から、ソフトがAmazonのデータベースを参照できなくなったみたいで。

その辺りは企業間の契約の問題なので個人ではどうにもできないことですが、使っていない机の上にデータ未入力の本がどんどん貯まっていく(本棚に収納できない)現状を何とかしたいので、早く改善するよう願っています。


・mac miniとiPod Touch

これは付け足しみたいなものですが、これらの新作が発売されれば私は迷わず購入しますので、新製品が発表される日を心待ちにしています。



以上、今月はこれにて。
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する