いじめの構図

今月は長文を書きたいと思っていたのですが、なかなか時間が作れないですね。。
という事で、時事ネタのお話を少し。

最近、相撲のニュースが世間を賑わせていますが、具体的な話はさておいて。

グループから距離を置く個人や集団の中で孤立する個人に対しての扱いは、日本もモンゴルも変わらないんだなと思いました。

おそらくは洋の東西を問わず、群れた一団の行動様式には一定の共通項があるのでしょうね。

そうした行動に加えて、自分たちは悪くないと思っている辺りも、我が国におけるいじめの構図と何ら変わらないなと思ったり。

被害者にも非があったとか、加害者は思いやりのある性格で等々のニュースが出て来る辺りも共通していますし、この手の問題は何度繰り返しても改善の傾向が見られないのが困ったところですね。

理不尽なことが多い世の中ですが、自分の身近な人たちがこうした事態に巻き込まれない事を、つまり運を願うだけではなく。

すぐ近くで同種の事件が発生したら、少しでも被害者にとって事態が良い方向に向かうように、何か自分にできることを考えるという姿勢だけは放棄しないようにしようと、そんな些細な誓いを立てる今日この頃です。

以上、今月はこれにて。
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する