ブログを始めて10年。

最近は記事を書く頻度がめっきり減ってしまいましたが、今月でブログを書き始めて10年になりました。

だいたい2010年代に入ってからだったと思いますが、書きたいテーマをどこまで書くか、あるいはどこをどう切り取るのかという部分を悩むようになり、それが今も「書きたいのに書けない」理由の最たるものになっている気がします。

書きたいと思う事柄には、まず書く以前に知りたいという気持ちが働いて、その時点で(文字通り)深みに嵌まってしまうと、書く為の整理が追いつかなくなります。

2000年代までの私はおおよそ2年周期で、知る内容を拡充すること重視→それを書いてまとめること重視という繰り返しによって、書き物の質を高めようとしてきました。

しかし2009年を最後に、2010年からはその周期が崩壊して、知ることに偏重したまま今に至っている気がします。(蛇足ですが、こうした実感ゆえに、私は2008年や2010年以降に書いたものよりも、2007年や2009年に書いたもののほうが読みやすいのではないかと考えています。)

その原因は「この先」を考えてしまったからで、「死ぬまでにどれほど知ることができるのだろうか」という思いに取り憑かれてアウトプットよりもインプットに駆られる気持ちが強くなった結果ではないかと自分では考えています。

実はこうした気持ちは最近少し落ち着いて来て、「いつ死ぬかも判らないし、なるようにしかならない」と考え始めていますが、他方では時間ややる気の確保が少しずつ難しくなって来ました。数年後にはこちらの問題が更新の一番の妨げになるであろう予感がしています。

そんな感じで我ながら今後も更新頻度は疑問ですが、元気でいる限りは細々とでも続ける意欲はありますので、今後とも宜しくお願い致します。


では今月はこれにて。
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する