クラシコ雑感

なかなか時間が取れず今更ですが、クラシコについて簡単に書き残しておきます。

個人的には、クラシコはバルサ優位のほうが楽しめるイメージがあります。それはどんな逆境でもレアルはレアルであり、一方でバルサは逆境で為す術なく敗れる印象があるからですが、ペップ時代より前のバルサを知らない人々からするとイメージは逆になるのかもしれません。

また最近のクラシコは戦術的に硬直している部分があり、どちらが勝つにせよ内容に不満が残る試合が多いように思います。

以上のような理由から、今回のクラシコもさほど期待せず観ていたのですが、それが半分当たって半分外れたという試合でした。


■バルセロナの攻撃

まずメンバーから。GKシュテーゲン、DF右からセルジ・ロベルト、ピケ、ウムティティ、ジョルディ・アルバ。中盤底にブスケツ、左にイニエスタ、右にラキティッチ。前線右からメッシ、スアレス、パコ。守備時にはパコが中盤左に入って4-4-2になっていました。

中盤の構成力でレアルに劣るようになってからどれほど経つのか。全盛期のシャビ・イニエスタ・ブスケツが君臨していた頃と比べると雲泥の差で、軽くプレスを受けただけで前にボールを運べなくなる状況は見ていて切ない限りです。

それはピッチ上の面々も理解しているのか、或いはキーパーまではあまりプレスに来ないレアルの守備上の約束を逆手に取ったのか、キーパーに戻してメッシにロングボールを蹴る場面が時々ありました。こうした動きはリーグ戦でボールを運べないときにも見掛けるので一つの選択として認知されているのだと思うのですが、それで何故かメッシが競り勝ったりするのだから不思議なものです。

レアルの守備にも助けられて、この試合ではメッシに一対一を挑ませたり、メッシからのパスを引き出すような動きが多く見られました。悪い時のバルサは他に手がないので守備の形が整った敵めがけてメッシが特攻→失敗→カウンターという後手に回る展開が多いのですが、この試合ではボールを前に運べさえすれば、主導権を握った状態でメッシを活かす攻撃ができていたと思います。


■レアルの守備

こちらもメンバーから。GKナバス、DF右からカルバハル、ナチョ、ラモス、マルセロ。中盤底にカゼミロ、その前にモドリッチとクロース。前線はベイル、ベンゼマ、ロナウド。守備時にはロナウドを上げて4-4-2になるのは同じですが、開始直後はベイルが左サイドに居たりと変な形でした。そのベイルは前半のうちに負傷交替しています。

前述のバルサの問題があったので、おそらく前線から熱心にプレスをかけてショートカウンターを連続させれば高い確率で複数得点を得られたように思います。しかし週の半ばにCLで120分を戦い抜いたこともあり、そこまでしなくても勝てるという自信もあったからか、前線から守備を発動するのは気紛れという程度の頻度に止まりました。

ブスケツへのマークもさほど厳しくなく、前を向いたメッシを4-4で緩く迎え撃つ守備は、さすがに相手を舐めすぎているように思いました。前線からの守備をしない場合でもブスケツはベンゼマにしっかり見て欲しいところですし、カゼミロが先読みで相手の攻撃を潰していたとはいえ、中盤での連動した守備の強度は低調なものでした。上手く相手選手を囲む良い守備がたまにあるという程度でした。


■軽い守備が失点を招く

レアルの2点目とバルサの3点目は、いずれも軽いプレイが裏目に出た形になりました。自陣奥深くであれほどマルセロをフリーにしたラキティッチも問題なら、セルジ・ロベルトの長駆を許したマルセロも問題だったと思います。

とはいえ両選手の局所のプレイに問題があったと言うよりは、それらが象徴する全体的な軽い守備に問題があったのだと思います。両選手はただ単にババを引いただけという感じですね。

そして両チームの守備に問題があれば試合はダレるものですが、そうならなかったのは両チームの攻撃への意識が際立っていたからなのでしょう。10人になったレアルが前に出た姿勢も見事なら、ラストのプレイでメッシが最後に姿を現して千両役者ぶりをアピールしたのも見事でした。

欲を言えばイスコが(それもスタートから)見たかったところですが、それはアトレティコとの試合でのお楽しみという感じですね。


■結論

最初に書いたように、戦術的には意外な部分は全くありませんでした。モウリーニョがぺぺを中盤で使ったり、ペップがアウベスをウイングで使うような奇抜な策もありませんでしたし、メッシに常にダブルチームで臨んだり、ロナウドがサイドを変えるごとにプジョルの位置を変更するような緻密な守備も見られませんでした。

一方で、観る人にとって面白い試合になっていたのも確かです。レアルのファンからすれば当然に不満の残る結果ですが、最後以外は内容も良かっただけに、あまり尾を引かないような負け方だったのではないかと思います。ペップ時代のバルサは次に対戦するが嫌になるような勝ち方でしたからね。

今シーズンも終わりが近付いて来ましたが、リーグ戦での上位対決は終わったもののCLでマドリー・ダービーがあるので、それを楽しみに待っています。個人的な希望としてはリーグがマドリー、CLがシメオネ・アトレティコ、国王杯がバルサでタイトルを分け合って欲しいなと思っております。

以上、今日はこれにて。
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する