スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"What I believe" by ALBERT EINSTEIN

先週の重力波観測成功というニュースを受けて、いつか訳したいと思っていたアインシュタインのエッセイに取り組んでみました。至らぬ点や気になる点などがあれば、お気軽に指摘して頂けると嬉しいです。なお、英文はこちらから拝借しました。



---

"What I believe" by ALBERT EINSTEIN

「我が信念」アルベルト・アインシュタイン


STRANGE is our situation here upon earth. Each of us comes for a short visit, not knowing why, yet sometimes seeming to divine a purpose.

この地球上における我々の状況は奇妙なものだ。ここで我らは各々短い生涯を送る。それが何故とは知らぬまま。しかし時に、その目的を見抜いているかのように。


From the standpoint of daily life, however, there is one thing we do know: that man is here for the sake of other men — above all for those upon whose smile and well-being our own happiness depends, and also for the countless unknown souls with whose fate we are connected by a bond of sympathy. Many times a day I realize how much my own outer and inner life is built upon the labors of my fellow men, both living and dead, and how earnestly I must exert myself in order to give in return as much as I have received. My peace of mind is often troubled by the depressing sense that I have borrowed too heavily from the work of other men.

とはいえ、日常生活の観点から、我々がよく知っている事が一つある。すなわち、人は他者の為にここに存在しているのだと。とりわけ、その人の笑顔や安寧によって自分まで幸せな気持ちになれる人達の為に。そして同じく、共感という絆によって運命的に結びつけられた無数の名もなき人達の為に。一日に何度も私が思い知らされるのは、私自身の生活が物心ともに我が同胞達の多大な仕事によって成り立っていて、現存している同胞のみならず既に鬼籍に入った先人の業績からも莫大な恩恵を受けているという現実であり。更に、私が受け取っただけのものをお返しする為には本気で努力しなければならないという実感である。そして我が精神の平穏はしばしば乱れる。私が借り受けた他の人の労があまりに膨大で、とてもお返しできないのではないかと落ち込んでしまうのである。


I do not believe we can have any freedom at all in the philosophical sense, for we act not only under external compulsion but also by inner necessity. Schopenhauer's saying — "A man can surely do what he wills to do, but he cannot determine what he wills" — impressed itself upon me in youth and has always consoled me when I have witnessed or suffered life's hardships. This conviction is a perpetual breeder of tolerance, for it does not allow us to take ourselves or others too seriously; it makes rather for a sense of humor.

哲学的な意味では、我々はいかなる自主性も有しえないと私は思う。というのも、我々の行動は外部からの強制のみならず内的な要求にも左右されるからである。「確かに人は自身が望むことを行い得るが、自分が何を望むかを決めることはできない」というショーペンハウエルの言葉に、若き頃の私は感銘を受けた。以来その言葉は、私が人生の過酷さを目の当たりにして悩んでいる時に、いつも私を慰めてくれた。「自主性を持ち得ない」というこの確信のお陰で、私は終身に亘って機能する耐性を得たのである。というのも、自分自身や他人の存在を必要以上に深刻に捉えずとも済むように、むしろある種のユーモアとして捉えられるようになったからである。


To ponder interminably over the reason for one's own existence or the meaning of life in general seems to me, from an objective point of view, to be sheer folly. And yet everyone holds certain ideals by which he guides his aspiration and his judgment. The ideals which have always shone before me and filled me with the joy of living are goodness, beauty, and truth. To make a goal of comfort or happiness has never appealed to me; a system of ethics built on this basis would be sufficient only for a herd of cattle.

自身の存在理由について、或いは人生の意味について延々と熟考することは、客観的に見て全くの愚行であると私は思う。然れども人は皆ある種の理想を抱いていて、それが各々の願望や判断を導く基準となっている。私が抱く理想、いつも我が人生を輝かせ生きる喜びを与えてくれた理想とは、善、美、そして真である。私は決して快適さや幸福を目標にしようとは思わなかった。こうした快適・幸福を基準に構築された倫理体系は、家畜の群れになら充分なのだろうが。


Without the sense of collaborating with like-minded beings in the pursuit of the ever unattainable in art and scientific research, my life would have been empty. Ever since childhood I have scorned the commonplace limits so often set upon human ambition. Possessions, outward success, publicity, luxury — to me these have always been contemptible. I believe that a simple and unassuming manner of life is best for everyone, best both for the body and the mind.

芸術や科学の研究において未到の事柄を追求する際に、目的を同じくする人達と共同で取り組むという意識がなかったならば、私の人生は空虚なもので在り続けただろう。幼少の頃からずっと、人の願望をあれこれと制限する陳腐な事どもを私は軽蔑していた。財産や、外見上の成功や、名声や、贅沢品といったものを私は常に下劣なものだと見なしてきた。私が思うに、簡素で控えめな生活様式こそが万人にとって最上のものであり、肉体と精神の両者にとっても最良のものであろう。


My passionate interest in social justice and social responsibility has always stood in curious contrast to a marked lack of desire for direct association with men and women. I am a horse for single harness, not cut out for tandem or team work. I have never belonged wholeheartedly to country or state, to my circle of friends, or even to my own family. These ties have always been accompanied by a vague aloofness, and the wish to withdraw into myself increases with the years.

社会における正義や責任に対して私が強い関心を抱いている事は、他者との直接の付き合いを望む気持ちが際立って欠けている事といつも奇妙な対照をなしている。私はいわば一頭用の馬具を身に纏った馬であり、二頭あるいは複数での共同作業には向いていないのだ。私は国家や政府に心から帰属していると思った事は一度も無いし、私を取り巻く友人達や、自分自身の家族に対してすら同様であった。こうした紐帯は曖昧で超然的な事由により生じたもので、自分自身の中に引き籠もりたいという願いは年を経るごとに大きくなった。


Such isolation is sometimes bitter, but I do not regret being cut off from the understanding and sympathy of other men. I lose something by it, to be sure, but I am compensated for it in being rendered independent of the customs, opinions, and prejudices of others, and am not tempted to rest my peace of mind upon such shifting foundations.

この手の孤立は時に苦く辛いものであるが、他者からの理解や同情を絶った事を私は後悔していない。それによって私が何かを失ったのは確かだが、その代わりに私は他人の慣習や評価や偏見から無関係でいられた。私は、その手の移ろいやすい根拠で心の平穏を得ようとは思わなかったのだ。


My political ideal is democracy. Everyone should be respected as an individual, but no one idolized. It is an irony of fate that I should have been showered with so much uncalled-for and unmerited admiration and esteem. Perhaps this adulation springs from the unfulfilled wish of the multitude to comprehend the few ideas which I, with my weak powers, have advanced.

私が理想とする政治とは民主政である。全ての人は個人として尊重されるべきだし、誰であれ崇拝されるべきではない。だが運命の悪戯と言うべきか、私は自分にとても釣り合わない身に余るほどの賞賛と評価を浴びたのだ。この手のお世辞はおそらく、微力ながらも(*1)私が提唱した少数の概念を、理解したいという人々の満たされぬ願いから出たものであろう。


Full well do I know that in order to attain any definite goal it is imperative that one person should do the thinking and commanding and carry most of the responsibility. But those who are led should not be driven, and they should be allowed to choose their leader. It seems to me that the distinctions separating the social classes are false; in the last analysis they rest on force. I am convinced that degeneracy follows every autocratic system of violence, for violence inevitably attracts moral inferiors. Time has proved that illustrious tyrants are succeeded by scoundrels.

私がつくづく思い知らされたのは、明確に目標を成し遂げる為に必須なのは自分で考えて自分で指示を出す事であり、それは責任の大半が伴うという事である。とはいえ誰かに導かれる立場であってもそれを強いられるべきではなく、自らの指導者を選択できる事が肝要であろう。社会において階級別に差別する事は間違っているように私は思う。というのも最終的には力が物を言う社会になるからである。暴力に基づく独裁制は全て堕落を生じさせると私は確信している。何故なら暴力は必然的にモラルに欠ける人々を引きつけるからである。歴史が証明しているように、傑出した専制君主の後を継ぐのは悪党なのである。


For this reason I have always been passionately opposed to such regimes as exist in Russia and Italy to-day. The thing which has discredited the European forms of democracy is not the basic theory of democracy itself, which some say is at fault, but the instability of our political leadership, as well as the impersonal character of party alignments.

こうした理由から、今日ロシアやイタリアに存在する類いの政権に対し、私は常に強く反対して来た。欧州における民主制の信用を傷つけている要因は、それこそが元凶だと言う人も中には居るが民主主義の基礎理論そのものではなく、我々の政治的な指導力が不安定であるからである。提携する政党同士が冷めた関係にある事も同様に大きな要因なのだが(*2)。


I believe that you in the United States have hit upon the right idea. You choose a President for a reasonable length of time and give him enough power to acquit himself properly of his responsibilities. In the German Government, on the other hand, I like the state's more extensive care of the individual when he is ill or unemployed. What is truly valuable in our bustle of life is not the nation, I should say, but the creative and impressionable individuality, the personality — he who produces the noble and sublime while the common herd remains dull in thought and insensible in feeling.

アメリカ合衆国の人々は正しい思い付きをしたものだと私は思う。相応の任期を定めて大統領を選び、適切に責任を遂行できるだけの充分な権力を与えている。他方でドイツ政府について私が好ましく思っているのは、病人や失業者に対する個人保障がより幅広く実施されている点である(*3)。我々の忙しない人生において真に価値があるのは国家ではなく、独創的で感受性に優れた個性であり、為人であると。思考が冴えず感受性も鈍い愚劣な群衆を尻目に、気高く卓越したものを生み出す人であると。私はそれを声を大にして言いたい。


This subject brings me to that vilest offspring of the herd mind — the odious militia. The man who enjoys marching in line and file to the strains of music falls below my contempt; he received his great brain by mistake — the spinal cord would have been amply sufficient. This heroism at command, this senseless violence, this accursed bombast of patriotism — how intensely I despise them! War is low and despicable, and I had rather be smitten to shreds than participate in such doings.

この手の議題を語る際に私の頭に浮かんでくるのは、あの不愉快極まる家畜精神の申し子、唾棄すべき義勇軍(*4)の事である。列を組み縦隊で音楽の旋律に合わせて楽しげに行進する彼奴には、軽蔑すらも生ぬるい。脊髄ばかりは十二分かもしれないが大脳が伴っていない輩。命令下にあって英雄気取り、無分別な暴力、忌まわしくも大袈裟な愛国発言。それらの事どもを私がどれほど嫌悪している事か!戦争は下劣で卑しむべきもので、そんなものに関与するくらいなら自分がずたずたにやられる方がましだ。


Such a stain on humanity should be erased without delay. I think well enough of human nature to believe that it would have been wiped out long ago had not the common sense of nations been systematically corrupted through school and press for business and political reasons.

その手の人道上の汚点は即座に消し去るべきである。私は人間性についてよくよく考えた末に以下の結論に至った。もし仮に国家としての良識が、営利的な理由や政治的な理由によって、学校や報道を通して組織的に堕落していなければ、そうした汚らわしい事はとうの昔に一掃できていただろうにと。


The most beautiful thing we can experience is the mysterious. It is the source of all true art and science. He to whom this emotion is a stranger, who can no longer pause to wonder and stand rapt in awe, is as good as dead: his eyes are closed. This insight into the mystery of life, coupled though it be with fear, has also given rise to religion. To know that what is impenetrable to us really exists, manifesting itself as the highest wisdom and the most radiant beauty which our dull faculties can comprehend only in their most primitive forms — this knowledge, this feeling, is at the center of true religiousness. In this sense, and in this sense only, I belong in the ranks of devoutly religious men.

我々に可能な最も美しい体験とは、謎めいた神秘に触れる事である。それは真の芸術や科学の真髄など全ての源である。神秘を前にして心を動かされた事のない人、もはや感嘆する事もなく畏敬の念に打たれる事もない人など、死んでいるのも同然だ。目を閉じてしまっているのだ。人生の神秘に対するこうした洞察は、畏怖の念も伴うのだが、宗教心を引き起こす事にもなる。我々にとって不可解な事が現実に存在するのだと認知する事。我らの鈍い能力では初歩的な形で理解するのが精一杯ではあるものの、それが至高の知として、そして燦然と輝く美の極致として顕現するのだと認識する事。この知識、この感覚こそが真に信仰心に篤い人々の根源を成しているのである。この意味で、そしてこの意味においてのみ、私は敬虔で信心深い人々の階層に属しているのである。


I cannot imagine a God who rewards and punishes the objects of his creation, whose purposes are modeled after our own — a God, in short, who is but a reflection of human frailty. Neither can I believe that the individual survives the death of his body, although feeble souls harbor such thoughts through fear or ridiculous egotism. It is enough for me to contemplate the mystery of conscious life perpetuating itself through all eternity, to reflect upon the marvelous structure of the universe which we can dimly perceive, and to try humbly to comprehend even an infinitesimal part of the intelligence manifested in nature.

自らの創造物を賞したり罰したり、行動の目的が我々自身を基に作られているような神。要するに人間の弱さを反映しているだけの神。そうした神の存在を私は思い浮かべる事が出来ない。同様に私は、恐怖や馬鹿げた自己愛から虚弱な精神にはそうした発想が宿るものだとはいえ、人が肉体の死を克服できるとも思えない。意識ある人生という永遠に不滅の神秘を鑑賞する事、我々がほのかに感知できている驚くべき宇宙の構造について熟考する事、そして自然界にて明示されている知性のほんの一欠片でも理解しようと謙虚に努める事。私としてはそれで充分に満足なのである。


---

(*1)いわゆる「弱い力」を意識した言い回しかと思ったのですが、フェルミのβ崩壊の理論は独伊語で1933年投稿・1934年出版、英語で1939年出版との事なので普通に訳しました。

(*2)ドイツでは世界大恐慌への対策が議会の反対勢力や与党内の足並みの乱れなどで遅々として進まず、状況打破を目指してこの文章のわずか一ヶ月前に(1930年9月)行われた総選挙は、左右両極の躍進という期待とは正反対の結果に終わりました。この選挙で第二党に躍進したナチ党は存在感を高め、そして1933年1月、遂にヒトラーは首相となりワイマール共和国は事実上崩壊しました。アインシュタインがこれほど嫌っていた独裁者が、彼の母国で誕生してしまったのです。

(*3)1924年から疾病保険の強制加入者の範囲が拡大され、1927年には失業保険法が制定されました。しかしこれらは恐慌の際に大変な重荷となりました。1928年に65万人だった失業者は(失業率5%)、1930年末には400万人を越えました。

(*4)ドイツ義勇軍(フライコール)は第一次世界大戦後の混乱の中で出現し、治安や軍事面で重要な役割を果たしたのですが異常な残虐行為など問題も多く、混乱の種になっていました。後のナチ党の指導者や党員には義勇軍出身者が多数存在します。文脈からは義勇軍よりもナチ党の突撃隊(SA)を念頭に置いているようにも思いました。


参考:林健太郎「ワイマル共和国」(中公新書)、入江隆則「敗者の戦後」(文春学藝ライブラリー)

関連記事

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。