スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の反省と読んだ本について。

時の流れは早いもので気付いたらもう年の瀬どころか大晦日でございますが、皆さま新年を迎える支度は万全でしょうか?来年も宜しくお願いします。

という事で、今年の反省と例年通り読んだ本について適当に書いてみます。まずは前者から。


■今年の反省

何かと時間に追われて、去年までならできていた事が余裕が無くて断念…というケースがちらほら見られた年でした。年内にできれば書いておきたいと思ったネタをつらつらと挙げると、STAP関連の雑感、80年代の音楽ネタ、訃報を聞いて読み返した本の話、サッカーの話などがあります。どの話も突き詰めて考えると難しく、興味があって詳しく考えるが故に逆に文章としてまとめ辛くなるという、哀しい隘路に迷い込む事が多かったと思います。

また、ニュース等を見ていると20〜30年前の出来事が歴史の中の話のような扱いになりつつあり、話者にとって実体験ではないが故に見過ごしていると思われる事柄が少し気になっていました。当時の感覚としてはこうだったとか、通説として成立する過程で捨象されたものを補足する文章を幾つか書いてみたかったのですが、それも手が出せずじまいでした。

そして今年に限らずここ数年の傾向ですが、ユーモアが少なく文章が必要以上に複雑になる悪癖が解消できなかったのも残念でした。来年は頑張ってエロい話なども書いてみたいと思います(笑)。


■読んだ本の中から:中公文庫の「日本の歴史」シリーズについて

確か秋の読書週間前だったと思うのですが、Twitterの「初学者向け歴史本まとめ」的なリストをたまたま目にして、その中にあった本シリーズ9巻「南北朝の動乱」が気になったのが切っ掛けでした。

さっそく本屋さんに向かったところ、シリーズ26冊(+別巻1)の中で見事に本書だけ在庫切れで。。自分以外にもあのリストを見て買いに来た人がいたんだと何だか嬉しくなって、別の書店で全巻を大人買いしました(笑)。

歴史関連の書籍は新書中心に読んでいる方だと思うのですが、日本の歴史をシリーズで通して読むのはおそらく小中学生以来になります(世界史は何度か機会があったのですが)。購入に踏み切る前に不安だったのは、半世紀近く前に刊行されたシリーズを今読む意味があるのか?という事。そして読み切れるのか?という事でしたが、結果的には二点とも杞憂でした。

本を読む事は、究極には著者と直接対峙する形に至ります。半世紀前に当時一流の方々を集めて構成された本シリーズは、作品ごとに質の違いはあれども、密度の濃い対話の機会を多く与えてくれました。そして一冊読了ごとに著者とゲストの対談を別巻で読んだのですが(別巻にシリーズ全著者の対談がまとめられています)、ゲストのお歴々も実に興味深い人選で、対談を早く読みたくて本編の読破が進むという相乗効果(?)が得られました。

また、シリーズを通して読む事で普段は見過ごしがちな時代や地域を知れた事も、大きな収穫の一つでした。例えば上記の作品だと、南北朝時代の南九州の動向などは全く知識のない状態だったので、概略を知れて良かったです。

もちろん、科学分野の発展と同様に歴史分野の研究も半世紀の間に随分と進歩があり、そうした新しい通説が反映されていないのは確かに残念でした。同じく室町期を例に出すと、将軍義政の時代に「三魔」と呼ばれた一人である今参局は、現代では義政の乳母で確定しています。それが本シリーズでは愛妾と説明され注釈もなく。。そうした既に否定された事柄を目にすると、仕方のない事とはいえ興醒めするので、再販の機会などに出版社として何らかの対応をして頂けないものかと思う次第であります。


■今年もおしまい

そんな感じで日も暮れて参りましたので、今年はこれで書き納めとします。
では皆様、良いお年を。

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。