なぜ書けないのか?

そんなわけで今月も記事を書くのをさぼってしまったわけですが、月に一度まとまった文章を書く事すらできていないここ最近の体たらくはどうしたわけか?というテーマについて簡単に書いてみます。

とはいえ率直なところ、その理由は「面倒だから」で済むのですが(苦笑)、もう少しだけ掘り下げてみましょう。


実際のところ、書きたい事は色々とありますし、要は実行に移せていない点に問題があります。
で、例えばサッカーの話題を書こうと思ったとして、ネット上で誰かしらが書いている以上の事は書けないわけで。
もちろん、それが仮に「ネットで読める色んな記事を継ぎ接ぎした内容にしかならない」としても、その「継ぎ接ぎ」という部分に個人の特徴が出るわけで、それを読み手に提供できるのであれば書く価値はあるはずです。
では、何故やる気が起きないのか?

一番大きな原因は、今年初めにこんな事を書きましたが、ネットで読める記事への個人的な幻滅が自分自身の書く姿勢にも影響しているからかな、と思います。
とは言っても「自分の文章には価値があり、有象無象ばかりのネット上にアップするのは勿体ない!」といった上から目線の考え方ではなくて(笑)、その程度の明確な理由すら無しに、書こうとしても「何だか面倒臭い」という気持ちに繋がってしまうのが現状です。

とはいえ書きたい事は常にあるので、気持ちさえ変わればまた色々と更新を始めると思いますし、その時はまた宜しくお願いします、という感じで。

なお、念のために書いておくと、「ネット記事は質が悪い」という事を言いたいわけではありません。むしろ良質な記事と粗雑な記事の乖離が著しいという認識で、それ故に当方のような個人ブログが中途半端に継続する事にどれほどの意味があるのか?などと考えてしまい、思考の迷宮に嵌まり込んでしまうのが問題なのではないかと自覚している次第であります。


時間も押してきたので、今月はこれにて。
ではまた来月。

関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する