増税を前にして。

といっても経済への影響が云々といった重い話をしても今更どうしようもないので、個人レベルでのお話を軽く。


前回の5%への増税の時には欲しかったエレアコを購入した記憶がありますが、さて今回も何か買おうかと思いつつ、どうにも購買意欲が湧かず、結局は普段通りのしみったれた消費活動で一日を終えました。

雑誌の特集やネットの記事などでは「賢い節税」などと、缶詰など保存食やティッシュなどの消耗品を買い溜めする事が推奨されていたそうですが、後者は元々まとめ買いをする習慣で物置にまだストックがあるので却下。前者は我が家ではあまり食べないので、大量購入しても賞味期限直前に大量に食べる結末しか想像できないので却下。そもそも、例えば300円を節約する為にはこれらを一万円分購入する必要があるわけで、それはとても大変に思えます。。

それでは値が張る家電などはどうかと検討するも、3%分の値上がりよりも新商品発表直前の値引率が桁違いである事を思うと、大至急必要なものがない現状ではやはり却下。家具や健康機器なども散財してまで欲しいとは思えず、そもそも消費税以外にも多々負担が増えることを思うと、財布の紐を緩めるべきではないという結論が妥当に思えて来ます。。

となると残るは趣味領域での出費ですが、音楽CDにしろ書籍にしろ、最近は昔のものを引っ張り出してくる方が楽しかったりするわけで。評価の定まった旧作とリアルタイムで体験できる新作と、どちらを優先すべきか?という難題には色んな意見があろうと思いますが、年齢を重ねるに比例して増える「かつてリアルタイムで体験して今や評価がほぼ定まった旧作」の魅力には抗いがたいものがあり、それらは新たな出費をせずとも堪能できます。。


というわけで、特に変わりなく過ごした消費税5%最後の一日でありました。
たまには簡単にこんな文章で、今日はこれにて。
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する