今年読んだ本

それほど時間の余裕は無いのですが、せっかくなので今年の読書遍歴を大まかに振り返って書き記しておきます。


さて、昨年の大晦日に小室直樹さんについて書こうとして、結局は時間切れで果たせなかったのですが、その時に挙げようと思っていた作品は山本七平さんとの共著「日本教の社会学」でした。七平さんが小室さんの著作を後押しする事で、徐々に文壇でも認められるようになって来た頃の作品ですが、破天荒ながらも奥が深い彼らの魅力が楽しく味わえる一冊だという理由でした。

今年に入って、その流れから山本七平さんの著作をいくつか読み返し、特に角川の新書になっていた一群の作品をゆっくり読みました。それは読んでいる時点では興味深くも切ない話でしたが、そこで得た旧日本軍の印象が、後にあの震災での政治家や専門家たちの言動と哀しいまでに重なって見えたのは、とても辛い事でした。ちなみに、この角川の新書バージョンは註に幾つかの難があるなど編集が少し残念なので、興味を惹かれた方はご注意下さいませ。


そんな感じで昭和後期の作品を渉猟していると、次第に吉本隆明さんの存在が気になるようになりました。これは、ある程度は自分で意識的に二人を対比させて七平さんの著作を読み進めた事もあるのですが、気付かぬうちに自然に意識を向けさせられた感じもありました。まあ、避けては通れない存在という事になるのですが、吉本さんの再読に取りかかり始めた頃に、あの震災がありました。

その時に読んだ「「反核」異論」には、何とも暗澹たる気持ちにさせられたものです。80年代と比べて進歩どころか劣化している現状をニュース等で目の当たりにしながら、四半世紀以上前に現状の問題点から批判までが全て言い尽くされている著作を読むという絶望感は、なかなか哀しいものがありました。ちなみに、吉本さんは東工大の電気科学科卒、小室さんは京大理学部数学科卒という事で、お二人とも理系出身なのが興味深いところです。


その後、吉本さんと鮎川信夫さんから現代詩に少し逃避して、いくつか地震・津波・原発関連の本を読むうちにますます逃避傾向が昂じて、民主党代表選で更に嫌気がさして、講談社学術文庫の歴史シリーズや、海外の書き手による中公文庫の歴史もの、ちくま学芸文庫の科学系の読み物などに逃げておりました。


それらの少しまとまった読書で思ったのは、震災や政治に止まらず、現在の我が国の「言論」(これは、ジャンルが何であれ、公に語られ或いは議論されている事の総称という意味合いで使っています)で不足しがちなのは、一つには論を積み上げるという能力の低下であり、もう一つはそれの発展として現れるはずの思想の欠如ではないか、という事でした。

特に後者については、戦後に「思想」という言葉が纏う事になったある種の胡散臭さが引き起こした側面もあると思いますが、ざっくり言えば、語り手がその「言論」の中できちんと自分の言葉で語っている箇所の割合が、年々少なくなって来た印象を受ける、という事です。


どんなジャンルであれ、年月の経過によって新発見などの進歩があり、普通に考えると半世紀近く前の著作などは新しい代替物が登場しても不思議ではないはずですが、何というべきか。料理で言うと、材料は昔と比べ物にならない贅沢品が揃っているのに、調理の腕では遥かに及ばない感じというか。語り手個人の成熟という点で、ジャンルを問わず全般的に上手く行っていない印象を強く受けたのでありました。

来年は、この辺りの現状とそれを引き起こした要因を意識しつつ、もっと教養を磨かないとなぁ…と思いつつ、物語も最近は不足がちだしなぁ…という不満にも配慮しつつ、エロ要素が足りていないのではないかという欲求にも適当に対処しつつ、色んな著作を読めたら良いなと思っております。


以上、そんな感じの一年でしたという事で、今年はこれにて。
来年もまた、宜しくお願いします。

関連記事

テーマ : 読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する