スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

George Harrisonのこと

気付いてみれば、George Harrisonが亡くなってもう10年が経ったのだとか。それを昨夜、ネット上の見知らぬ人に教えられて、今日は彼の事を時おり思い出しながら過ごしておりました。という事で、まとまりなくつらつらと文章を書いてみましょう。


10年前、Georgeの訃報を知ったのは、たまたま入ったコンビニの中でした。FMのDJがリスナーに向けて、意識的に淡々と伝えたそのニュースは、自分の中に「彼らもそんな年齢になったんだなぁ…」という実感を残して行きました。早いとはいえ暴漢の手によらぬ自然死であり(ちなみに、死の数年前に彼もまた自宅で重傷を負っています)、そういえば、ずっと先の事だと思っていた64歳のPaulも、既に数年後に迫っていました。彼らも年を取ったのだ、という奇妙な感想を抱えながら、家路に就いたのを覚えています。


さて、ここで一曲。



少し前に「ベースラインが最高の曲」というアンケート結果がニュースになって、Beatlesの曲ではTaxmanが入っていました。その結果に対して、自分がいくつか読んだ中では、Come Togetherを推薦する意見が多かったように思います。これらの曲を挙げた方々の気持ちはよく解るので特に反対というわけではないですが、個人的には、Beatles曲でベースを弾いて一番楽しいのは、案外にこの曲ではないかなと思ったのでした。

この曲のベースは、常に作品に寄り添って耳に聴こえてきます。というよりも、ギターもドラムも全ての楽器は、この曲においては整然と一つの方向を向いて、どの場面でも適切な大きさで展開されています。それらのベクトル配列の美しさが一体となって溶け込み完成したこの曲は、この曲を世に出す為にBeatlesの活動があったと言っても大げさではなく聞こえるほどの説得力を、内に秘めているように感じます。並みいるLennon/McCartneyの名曲群を向こうに回してなお、自分と同様の感想を持つ方々は、多数派ではないにせよ少なくはないだろうなと。


更にもう一曲。いずれも超有名曲で申し訳ないですが。。



彼の死後に行われたConcert for Georgeは、とても楽しい集まりでした。特にこの曲の演奏場面は、これ以降Georgeに言及する際には繰り返し何度も放送されたので、普段は洋楽に興味のない方でも馴染みのある映像ではないかと思います。生身のGeorgeが居ない事以外は、何の不満もない楽しい集まり。では、生前のGeorgeが体験した最後の集まりはどんなものだったのか?

それは、11月の上旬だったと伝えられています。かつてのBeatlesの三人は、親しい友人たちと共に食事を楽しみ大いに笑い。そして、別れの時間が近付いて来ました。彼らを気遣った友人たちが一人また一人と部屋から姿を消し、そして、三人だけが後に残されました。おそらくは、言葉などまるで追いつかないほど濃密な人生の記憶を、彼らだけで改めて共有したのでしょう。


この話は自分に、1300年も昔のあるシーンを思い出させます。西暦649年、死期を察した唐の太宗は後事を託すため、病の床に長孫無忌を招き入れます。既に房玄齢も杜如晦も魏徴も亡く、玄武門を始め創業以来の苦難を知る最後の重臣であった彼は、共有する過去の記憶の奔流により泣き崩れ、太宗もまた何も言えず、黙って彼を退出させるしかできなかったと伝わっています。

なお、日を改めて長孫無忌と褚遂良を招き後事を託した太宗でしたが、彼が心配した通りに二人は10年を経ずして左遷され、不遇の死を遂げます。ある女性の立后に強硬に反対した事が原因ですが、誰あろうその皇后は、後の則天武后でありました。


脱線ついでにもう一つ。先ごろ亡くなったSteve Jobsの最期の場面は、彼の妹Mona Simpsonが行った追悼演説で紹介されています。中でも印象的なのはこの部分。

He told me, when he was saying goodbye and telling me he was sorry, so sorry we wouldn’t be able to be old together as we’d always planned, that he was going to a better place.

(稚拙拙訳:彼は私にこう言いました。「もうすぐさよならだ。ごめんね。」という言葉の後に、こう言ったのです。「いつも言っていたように、一緒に歳を重ねて行く事ができなくなって、本当にすまない。僕はこれから、この世ならぬところに旅立つよ。」と。)



できなかった事を、あるいは成し遂げた事を死の床で振り返って、彼らは全員、歴史上の人物になってしまったのだなぁ・・・などと嘆息したところで、今日はこれにて。

関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。