菅首相の辞意に寄せて

菅総理大臣が辞意を表明して、何か書いておこうと思いつつも気が進まないままに日は進んで、次の首相が事実上決定した今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?てなわけで、後世の学生さんたちの不評を買う事間違いなしの一年周期の交代劇ですが、簡単に菅政権の印象を書き残しておきます。


■菅政権のお話

多くのメディアは「唐突な思い付きばかりで実行を伴わず」云々というまとめなのでしょうし、それはごもっともで自分の意見も同じだったりしますが。個人的には、政権の雰囲気としては三木さんを連想しつつも、結局は遠く及ばなかったという感じでした。その最大の違いは、腹心の有無というべきか。あるいは、菅さんが使う人たちを信用できなかった事が、根本的な相違点だったのかもしれません。

また、菅さん=市民運動出身という説明が多かった気がしますが、そして権力側よりもそれを糾弾する側がよほど似合っていたのも確かですが、個人的には市民運動であれ権力側であれ、中心になれる方ではなかったような気がします。首相まで務められた方を評するには失礼な話ですが、しっかり者の奥様と二人三脚で小さな商いを営むぐらいが、ご本人にとって一番楽しい人生だったのではないか、という気もします。


震災時の首相として歴史に名を残す事は確定していますが、その対応は、後手というよりも根拠が十分ではないものがほとんどで、そこが任期を通して改善されなかったのが残念でした。浜岡原発の停止を評価する方もおられるとは思いますが、個人的には未来に繋がらない表明という認識で、普天間などと同様の出口の見えない袋小路に押しやっただけではないかと思えてしまいます。

話のついでに言うと、福島第一原発において使用済み核燃料プールが惨事の拡大に果たした役割を考えると、原発の停止は象徴という以上の現実的な意味はあまりない気もします。更に、事前の打診も充分ではないままに、中間貯蔵施設を福島に…などと言い出すのもまた、論外な対応としか思えないのが正直なところです。。


そして、個人的に一番の問題と思ったのは、震災発生からの数日間で無政府状態に陥ったこと。当時の海外での報道は相当に辛いもので、当初の震災への同情は原発事故の拡大と政府の無策が明らかになると一気に薄れ、我が国の信用が問われる、どころか信用できないという烙印を押される寸前の雰囲気でした。実際、同盟国ですら東京に住む自国民全ての一時退避を検討していたというニュースが最近ありました。

それを防いだのはもちろん官邸ではなく、諸外国からは国家元首と目されるお方のスピーチだったのではないかと思います。…などと言うと左寄りの方から怒られそうですが、とはいえスピーチの内容はどうでも良くて…などと言うと感涙にむせぶ右寄りの方からも怒られそうですが、端的に言うと「僕はここにいる」というあの表明は、対外的にはとても大きな効果があったのではないかと思います。が、この辺りは国内的には微妙な話題なので、あんまり深入りするのは止めておいて。。。


話を戻して、以上のように菅政権に対して到底及第点を与えられないと思う自分ですが、それでもいくらか同情の余地はあります。鳩山さんの辞任の際、政権を支えるべき立場の閣僚たちを批難しましたが、今回も改善の雰囲気は無かったなと。この辺り、鳩山さんや菅さんが無能だから、で済ませられる問題ではなく、民主党という大所帯にあって閣僚を担えるだけの人材はほとんどいないという現実を、もっと切実に認識すべき時期ではないかと思うのでありました。


ともあれ、任期満了まで粘った三木さんには比べるべくもないですが、それでも、支持率の低下に負けず辞任表明をしつつも即座に投げ出す事もなく、首相という孤独な責務を引き受けようと試み続けた方に相応の敬意を込めて。お疲れさまでした。


■代表選のお話

次回予告だけしておいて、今日はこれにて(笑)。

関連記事

テーマ : 政治 - ジャンル : 政治・経済

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する