大関魁皇の引退

昭和63年春場所が初土俵の同期:若貴や曙の引退が遠い昔のように思えるだけに仕方がないとはいえ、しかしやっぱり、魁皇引退のニュースは寂しい気持ちで聞きました。


印象に残る一番はと言うと、彼が最も横綱に近付いた平成16年九州場所の朝青龍戦がまず浮かびましたが、幾つか見た中で感慨深かったのは、この動画でした。

‪貴乃花 対 魁皇 〜同期の桜〜‬‏ - YouTube


貴乃花の早熟の天才ぶりも凄いものがありますが、当初は右が怖いだけという印象の魁皇関が年月の経過と共に少しずつその幅を広げ、遥か先の域にあった同期の大横綱に近付いていく過程が感じられて、目頭が熱くなる思いがします。


関取在位117場所、幕内在位107場所、通算1047勝、幕内通算879勝はいずれも歴代一位。そして幕内優勝5回は、最高位が大関の力士では最多。大関在位65場所、大関角番13回、関脇連続13場所も歴代最多で、これらは地力の高さを示すと共に勝負どころでの弱さを示すものかもしれませんが、記憶に残る力士だったなと思います。


書き出せば色々と出て来るとは思いますが、上手くまとめられそうにないので、今日はこんな感じで。魁皇関、長い間お疲れさまでした。


関連記事

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する