スキマスイッチ「グレイテスト・ヒッツ」

リストでは割に上位にあるのにエントリーが少ないので、ちょいとCDのレビューでも書いてみましょう。

ただ、音楽を言葉で表現するのはなかなか難しいわけで、ブログから専門の音楽雑誌までが、歌詞に批評及び感想の大部分を費やしているのも無理はないなぁ・・・と、自分で書こうとして初めて思い知るのでありました。


で、先日発売されたスキマスイッチの「グレイテスト・ヒッツ」について。

時代順に古い曲から新しい曲が並べられているので余計にそう思うのかもしれませんが、やはり最近は少し伸び悩んでいるなぁ・・・という印象を改めて強くしました。

90年代J-POPの系譜を受け継ぐ王道的な立ち位置と、スキマスイッチという名前からも分かる様な独特のセンスとを両立させて育って欲しいと、期待が大きかったが故に評価が厳しくなってしまうのかもしれません。

でもやっぱり最近の曲を聴くと、ちょっと楽をする事を覚えたかな?ってな感想を持ってしまうのでありました。


ちなみに、彼らの曲から個人的に連想するミュージシャンとしては、「view」がMOON CHILD、「ふれて未来を」から槇原敬之、「ボクノート」からDreams Come True、「アカツキの唄」からMr.Children、などがあります。歌詞で言えば「全力少年」の言い回しが特にMr.Childrenっぽい気がしますね。

これら影響を受けたミュージシャンの楽曲をどのように自分の楽曲に生かすかが、音楽に対する姿勢となって表れるのでしょうが、スキマスイッチの姿勢には好感が持てるだけに、今後も益々頑張ってほしいと期待してしまうのでした。


以上、読んで頂いてありがとうございました。
今回はこれにて。
関連記事

テーマ : j-pop - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する