あじさい通り

たまには気楽な日記を書いてみようという事で。梅雨の時期は天候の問題から予定が立て難いのが残念なところですが、雨降り続くようでも別に良いかと気楽に考えながら、紫陽花を楽しみに宇治まで足を伸ばして参りました。


■JR宇治駅

改札を出て階段を下りると、妙なオブジェが出迎えてくれました。2001年に宇治市制50年を記念して、茶壺をイメージして作られた郵便ポストなのだとか。
post.jpg


また、駅前には一時間ごとにお目見えする茶摘み人形があり、見事なまでに誰も見ていませんでした(苦笑)。貼り付けると脱力しそうなので、リンクだけに留めておきます。

☆京都 JR宇治駅前 茶摘み人形


そんなこんなで、三室戸寺行き臨時バス「あじさい号」に乗って目的地に向かいました。ちなみに、名前以外はいつもと変わらぬ普通の京阪バスだった気がするのはここだけの秘密。


■三室戸寺

実は宇治界隈では妙なオブジェが流行の最先端なのかもしれません。急な階段を上った先にある宇賀神の像のインパクトを、三室戸寺の公式ページの写真でお楽しみ下さい。馴れ馴れしく撫でまくって来たのは、申し上げるまでもございませんでございましょう。


本堂の前では、翌月に備えて大量の蓮が・・・って、紫陽花はまだかと言われちゃいそうなので、とりあえず写真でも。本格的なカメラを持ち歩いている方々が予想以上に多い中、気楽に携帯で撮って来ました。
DSC00072.jpg

DSC00073.jpg

DSC00074.jpg


だらだらと、全てのあじさい通りを塗りつぶすようにうろちょろした後で、上記の宇賀神の像に関連する蛇体橋を確認して、再びバスに乗り駅前に戻りました。傘ささずに上向いて走っても大丈夫な天候で良かったです。色んなところ(写真の朱色の橋の手前とか)で、立ち入り禁止の柵に阻まれたのが残念でしたが。。


■中村藤吉本店

出掛ける前はスイーツのページばかり見ていたのに、何だかんだと歩き回ってお腹がすいていたので茶蕎麦を食しました。小さなデザートも含まれていて、食べてみると予想以上に量も多くて美味しかったです。

暖簾をくぐって庭を横目に奥に入って行くわけですが、かつての製茶工場の古い柱や梁などをそのまま上手く利用していて、天井も高く趣があって良かったです。


■おしまい

暮れはつる 秋のかたみに しばし見ん 紅葉散らすな 三室戸の山
山吹や 宇治の焙爐(ほいろ)の 匂ふとき



三室戸寺のパンフレットには、これら西行と芭蕉の作品が紹介されていました。いずれも今の季節とは違うのが少し残念なところで。。そんなわけで、最後に万葉を引用しながら締める事にしましょう。


あじさいの 八重咲く如く やつ世にを いませわが背子 見つつ偲ばむ  橘諸兄
言問はぬ 木すらあじさい 諸弟らが 練りのむらとに 欺かれけり  大伴家持



以上、今日はこれにて。

関連記事

テーマ : 京都からこんにちは! - ジャンル : 地域情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する