スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談CL

リハビリ的にちょいと雑談っぽいのを書くの巻。サッカーに興味がない方には申し訳ないですが、先週から今週にかけて第一戦が行われたUEFA CLの今後の展開について。


自分は基本的に応援しているチームはないのですが、肩入れ程度の気持ちはありまして、それは幾つかの基準によって成り立っています。勝って欲しいなと思うチームの条件としては、
・国内リーグでも首位争いをしている。
・同一リーグのチームが多数派になるのを防いでくれる。
・旋風を巻き起こした新顔のチーム。
などでしょうか。二点目は逆に言う方が分かり易いと思いますが、あんまり同じリーグのチームばかりってのは好きではないのです。

で、そうした条件と現実的な勝ち抜きの可能性を天秤にかけながら、今後の展開を考えるわけですが。。


まず、本拠地で負けてしまったイタリアの3チームとコペンハーゲンは難しいだろうなという前提。これを覆したら面白いのですが、可能性としては残念ながら低いでしょうね。なのでチェルシー、トッテナム、バイエルン、シャフタール辺りはほぼ当確という前提。

次に本拠地で引き分けた3チーム。リヨンとバレンシアはアウェイ・ゴールを取られての引き分け、マルセイユはスコアレスでの引き分けという違いはありますが、地力で勝ると思われているレアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドが少しだけ有利かなぁ。フランスのチームが全滅しちゃうのは少し哀しいので頑張って欲しいところですが、モウリーニョやファーガソンがここで姿を消すのも寂しいし、どちらを応援するか難しいところですが。。バレンシアとシャルケは読むのが難しいですが、ラウールに期待してシャルケ推しでしょうか。内田もいる事ですし。

最後に本拠地で唯一勝利を収めたアーセナルですが、客観的に見て優勝候補の筆頭であるバルセロナがアウェイ・ゴールを奪っている事もあり、これも読めないですね。ただ、ここでアーセナルが勝ち上がるとイングランドが過半数という事になりかねないので、一応はバルセロナって事で。


次の対戦が決まっているわけではないので、ここからは完全に希望ですが。。リーグ戦を諦めてCL一本に絞るというかつてのミランのような事を言っているチェルシーは、今年は諦めて欲しい気が。ただ、ベスト16の頃が時期的には底で、セルティック相手に延長までしてやっと勝ちあがった数年前のミランがそのまま優勝した、その再現をされちゃいそうな気がしてちょっと嫌な感じではあります。監督も同じですし。。

次にニューカマー枠ですが、シャフタールも捨てがたいものの初出場のトッテナムがチェルシーとアーセナルを尻目にってな展開の方が面白そうなので、そちらの未来を希望。できればチェルシーをその手で屠って、準決勝では惜しいところまで行きながらも姿を消す展開でしょうか。バイエルンは国内で優勝争いから脱落しているのであまり応援したい気は起きないのですが、期待とは別に個人的な優勝予想はこのチームなので、シャフタールを破って準決勝に行く未来を予想。

それから、シャルケにはレアル・マドリードと対戦して欲しいところであります。で、ラウールの一撃で準決勝進出とかだと面白そうです。懐かしのモリエンテスの再現。でも、それ以上はどうかな?という感じではありますが。。ちなみに昨年の段階ではCLクラシコを密かに望んでいたのですが、国王杯とリーグ戦でクラシコが続く事もあり、避けて欲しいなと。バルセロナはユナイテッドと潰し合いをして貰いたいところ。


そんな感じで整理すると、決勝はバイエルン対バルセロナかユナイテッド、で前者が優勝という未来を考えております。仮に当たっても偉そうな事を言ったりはしませんので、仮に外れても石を投げないで下さいませ(笑)。


そんな感じで、今日はこれにて。


関連記事

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。