スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テルマエ・ロマエ2

最後に、ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ2」(ビームコミックス)について。


1巻が色んなところで話題になって、しかしながらストーリーの概要(風呂に溺れて古代ローマから現代日本にタイムスリップする技師の話)やら表紙絵やらに一抹の不安を感じて躊躇して、少々バクチ的な気持ちで買ってみたら面白かった・・・という自分と同じような経緯を辿られた方は、少なからず存在するのではないかと思います。

ただ、本作の魅力をどう表現するか?と問われると依然として答えに窮するのも確かで。「他人の余計な説明などなくても、読むだけで解る面白さ」と言うよりは、「面白いんだけど、どう面白いのかを説明して/してもらって、スッキリしたい面白さ」という感じがしました。


各話は基本的に一話完結型で、風呂に関する難題が発生→主人公が風呂で溺れて現代日本にタイムスリップ→そこで難題を解くヒントを得るも再び溺れて古代ローマへ→めでたしめでたし、という流れもほぼ同じです。

そして、この作品の舞台になっているのはハドリアヌス帝晩年のローマ帝国なのですが、その治世下における重大事件:バル・コクバの乱や後継者問題も、風呂のお陰で無事に解決!といった辺りからは、本作をギャグ漫画と捉える事もできます。が、それで片付けるのも少し違う気がするわけで。


一つの見方としては、この作品を文明比較という点から評価する事はできると思います。風呂という具体的な文化を手掛かりに、現代日本と古代ローマ、そして直接的には語られないものの現代ヨーロッパとの比較が展開されているのは確かで、それらの違いが読者にある種ユーモラスなイメージをもたらす形で説明されているのも間違いないところでしょう。

海外生活の経験ゆえに現代日本に対して言いたい事を抱え、日本人ゆえに現代ヨーロッパについても語りたい事を抱え、更にはこの時代の歴史考証にも労力を割いたが故に、古代ローマについて伝えたい事を抱えている。作品に出ないバックグラウンドの部分で、こうした事がうかがえる辺りも、この文明比較という見方を後押しします。


しかしながら、作者は比較文明論的なテーマを漫画という形で楽しく伝える意図でこの作品を描いたのか?と問われると、依然としてその答えは否であり、それだけではないと返答したいのが正直なところです。

2巻の冒頭の話でも判るように、作者が時代や文明の違いによる価値判断の相違が存在する事、およびその意味について読者に考えて欲しいという意図があるのは明らかです。しかし、それに加えて、単純に風呂のうんちくを語りたいという意図もあり。読者を笑わせるような要素を加えたい意図もあり。それらを紋切り型の枠の中で表現したい意図もあり。そして何よりも、それら複数の意図が作品の中でランダムに現れる為に、各エピソードの間で微妙な印象の齟齬を来たしつつ物語が進んでいく事が、この作者と作品に特有の印象に繋がっているのではないかな、と。


各話を流れとして捉えようとすると、何故かしらごつごつしたものに出くわします。自分は読みながらそれが不思議だったのですが、その不連続な揺れこそが作者の特徴であるならば、物語の構成が頑ななまでに定まっている事がコントラストとなって、より活きて来るとも考えられるわけで。

という事で、強引な筋立てではありましたが、結論としては。一筋縄では行かない複雑さと紋切り型の単純さが、作品の奇妙な魅力になっているのではないかなぁと。そんな感じでまとめておきます。


以上、今日はこれにて。


関連記事

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

スリップするの?

スリップするの?

No title

確かに言われてみると、この漫画では多くの場合、風呂の中でスリップして、タイムスリップしていますね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。