選挙が終わって

ちょっと民主党が勝ち過ぎなのが気になりますが、まずまずと言えるかもしれない結果でした。


そもそも、民主党に現時点で政権を担わせるのはかなり不安なので、衆議院で第一党になってもらうわけにはいかないのですが、かといってこのままでは自民党が更に調子に乗るだけなので、「参議院で民主党勝利」という結果は、個人的には一応期待通りでした。

ただ、政治家の人材不足は今に始まった事ではないですが、前回のタイゾー議員と同レベルの当選者も多いだけに、民主党としてはこれらの議員による自爆&自滅をどこまで防げるかが密かな注目点になりそうです。

とは言え、落選者の顔ぶれを見ると、「当選した方々で良かった」と思えてくるわけで、嬉しい様な情けない様な複雑な気分ですが。。。


かつて宇野宗佑首相も橋本龍太郎首相も、前者は消費税導入&リクルート事件、後者は消費税率アップなどによる景気の悪化が原因で、いずれも参議院選で歴史的敗北を喫して退陣したわけですが、今回はそれを更に下回る惨憺たる敗北にもかかわらず、首相が居直るのは不思議と言えば不思議ですね。

ただ、そもそも衆議院選はともかく、参議院選のたびにも首相が交代していては安定政権など望むべくも無いわけで、参議院選で敗北イコール辞任という構図もどうかとは思います。が、安定政権を任せたいと思う政治家が現時点でいない以上は、平均1年半ぐらいの周期で国民の審判を受けて、それに従うという形がベターと考えるだけに、今回は出来れば退陣して欲しかったと思うのでした。


読んで頂いてありがとうございました。
今回はこれにて。
関連記事

テーマ : 参院選 - ジャンル : 政治・経済

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する