デンマーク戦

早い時間帯に落ちるように夢の中へ旅立ってしまい、何だか変な時間に起きちゃったので、今朝方の試合についての雑感でも。サッカーの話題ばかりが続きますが、興味のない方ごめんなさい。。。


遠藤がフリーキックで2-0にしてからの時間帯は、とても余裕を持って試合を眺める事ができました。ここまで平静な気持ちでワールドカップの日本戦を見たのは、8年前の長居でやはり2-0になった時間帯以来でしょうか。

自国開催以外では勝ち点1を得ただけだったチームが、2勝1敗の勝ち点6で堂々のグループリーグ突破を果たしたわけで、選手や監督以下のスタッフを始め関係者の皆さま、お疲れさまでした。次はこれまで以上に厄介な相手ですが、せっかく得たチャンスですので、しっかり疲れを取って、きちんと準備をして、決戦に臨んで欲しいものです。

サイドバックを狙って高いボールを合わせて来た時の対応や先発組と控え組の差など、今後を考えると気になる点は幾つかありますが、成功率は少し落ちても少しでも点に繋がりやすい前へのプレイを心掛ける、そうした意識が常に選手たちからうかがえた事がとても嬉しい試合でありました。


思うのは、実戦の経験値というのは、やはりもの凄いものだなぁと。一戦ごとに得た自信が次に繋がり、露呈したマイナス点には修正の意識が働き、過去のトラウマを惹起するような場面でもそれを打ち砕き・・・。個人的には特に、過去の失敗がそれを糧にした形で我々の前に示されていた事が嬉しかったなと思いました。

何かの大会で結果を残しても残さなくても、そこで終りというポイントは決してなくて、それらを背負いながらサッカー日本代表は続いていきます。そして、局面局面での小さなミスは必然であり、それらの要素が時には敗北という結果に繋がり、時にはそれにもかかわらず勝利という結果を生み出します。こうした点で、サッカーに限らず各種のスポーツ組織は人生に似るわけですが、その歴史の流れにおいて、失敗を失敗のまま放置し忘れておしまいとならなかった事を誇らしく思います。


・・・などと総括のような事を書くのは縁起でもないですが(苦笑)、既にこの時点で充分な成果を得ている現代表チームが、更なる野心を胸に秘めて、これまでと変わらず丁寧に粘り強く戦って、それが結果という形で結実する事を、次の試合でも期待しながら応援したいものです。

あれだけ嬉しい気持ちにさせてもらって、我々にできるのは応援する事(と、偉そうに感想を書く事(笑))だけというのは申し訳ない気持ちもあるのですが、今の代表チームの姿勢と同様に、自分たちは自分たちにできる範囲でチームの後押しをできればと考えていますので、次も頑張って下さい。


さて、少しだけ小難しい話シリーズ。今回は前半のシステムについて書いてみます。先発メンバーは変わらないものの、いつもの4-1-4-1とは少し選手の配置が違った前半。結論としては、大久保がトップ下で松井を中盤の右に配した4-4-1-1と考えて良いと思うのですが、松井が本田の下で大久保と並ぶ4-3-2-1に見えた場面もありました(文末に参考図↓)。

このシステムの狙いですが、一つは両サイドハーフの松井と大久保の体力消費を抑える事。一つは攻撃に移った時に1トップの本田のフォローをし易いように、彼に近い位置に選手を配置する事。更には大久保が相手のセンターハーフにプレスをかけてボールを日本の左サイドに誘導させ、そこで松井・遠藤・長友と数的に有利な状態で奪って速攻という攻撃の形を考えた事。などが考えられます。

で、結果はと言うと、見事に機能せず。。。大久保がCポウルセンに向かう動きはヨルゲンセンが引いて受け手になる事で対応され。何より、トマソンやロンメダールが試合前の予測とは違った動きを見せるので、それをなかなか捉えきれず。。大久保からのパスを松井がジャンピングボレーという印象的なプレイが出るまでは、かなり不安な空気が漂っていました。

結局そのあたりの時間帯からいつもの布陣に戻して戦う事になります。これで各々の担当が明確になって改善された部分はありつつも、相変わらずトマソンの動きを捉えきれない場面が多く、彼がこの試合で決定力を発揮しなくて良かったなと。まとめると、ボールの出し手と受け手の両方に対応できていなかったという結論で、残念ながら試合の入り方には失敗した印象です。

とはいえ、結果論としてこの時間帯に点を許さなかった事で、次に繋がるいい実験になったと思います。そしてシステム自体は機能しませんでしたが、試合を通してスタミナを温存する動き(次からは延長になれば120分戦う必要があるわけですし)、それからセカンドボールを保持する意識(仮にバスケの試合だったら、監督はひたすら「リバウンド~!」と叫び続けていた事でしょう)、などは保たれていたわけで、試みとしては面白い動きだったなと思いました。


以上、今日はこれにて。



<参考>
追記:スペースが上手く表示されないみたいなので「.」を使って揃えてみました。

...△
...●
●◎◎◎
○○○○
□     
<4-4-1-1>

...△
..●●
.◎◎◎
○○○○

<4-3-2-1>ちなみに通称「クリスマスツリー」

...△
●◎◎●
...◎
○○○○
...□
<4-1-4-1>


関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

コメント

必然ってなに?

必然ってなに?

No title

必ずそのような結果になるという意味です。と、たまにはマジメに答えてみたり。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する