鳩山首相辞任

平成22年6月2日、民主党の両院議員総会にて、鳩山首相は辞意を表明しました。今日はそれについて、思うところを書き留めておきます。


乱暴な言い方でまとめると、細川内閣に村山内閣の要素を加えて歴史を繰り返した、という事になるのでしょうか。年度末まで持たないと予測したよりは長く続きましたが、結局は一年未満の短期政権に終わりました。既に退陣が決まった内閣を責めるのは心情的には気が引けるのですが、最低限の振り返りはやっておくべきでしょう。


さて、辞意を表明した両院議員総会での発言を拝聴して、やっぱり気になったのは以下の部分でした。

私は、つまるところ、日本の平和、日本人自身でつくりあげていくときを、いつかは求めなきゃならないと思っています。アメリカに依存し続ける安全保障、これから50年、100年、続けていいとは思いません。そこのところもぜひ皆さん、ご理解いただいて、だから鳩山が何としても、少しでも県外にと思ってきた。その思い、ご理解を願えればと思っています。
FNNニュース
時事ドットコム



この発言をどう受け取るかですが、例えば「世界平和のために自衛隊は解散せよ!」なんて方々とは比べるのも失礼ですし、「アメリカさまが怒っておられる。何とかご機嫌を取らないと。」なんて口にする方々よりも、よっぽど評価できる部分があるのは確かです。自国の安全保障を他国にほぼ丸投げしている状況は変だという感覚は、正当に評価したいところです。

とはいえ評価できない部分もあって、その目標は現状とどれほど隔たったものなのか?という感覚が、やはり決定的に欠如しておられたのだなぁと。目標に向けて、短期および中長期の具体的なプランを立案するのは、専門家が肩代わりしてくれるのであれば政治家がやる必要はないと思います。とはいえ、人を使う立場にあるからには、戦略目標に至るまでのラインを大雑把にでも把握しておいて貰わないと、立案側としても困るわけで。結果、自身の能力も評価できないのに好き勝手にやれる事を良しとするブレーンたちが群がって、首相の発言は整合性を欠き、色々と揶揄される事に繋がりました。


結局思うのは、個人としては首相はやはり良い方だったなと。権力への執着もなく、下手な打算などもなく、自らが思うところを常に素直に述べておられたのでしょう。そうした一般とは違った感覚をお持ちだった事が、良くも悪くも政権の特徴になったのかなと、そうしたまとめになるのかもしれません。

鳩山内閣の目に見えにくい功績としては、その人間的な側面による効果があったのではないかと思います。特にネット上で顕著でしたが、「またルーピーが出た~!(笑)」といった反応は政権後期には日常茶飯事で、それが閉塞感の漂う毎日の一種の清涼剤のような効果を果たしていた部分はあると思います。これはやはり首相のお人柄でしょう。後継候補として名前が挙がっている財務相はじめ何人かの方々では「洒落にならない」という気持ちに繋がりかねないと思うのですが、「鳩山さんだし仕方がないか」という何かしら不思議な雰囲気を導く辺りに、首相の宇宙人的な特異性が現れていたような気がします。


首相について書き残しておきたい事はこの程度ですが、政権についてはまだ少し思うところが残っています。それは内閣の一員として首相を支えるはずの方々の振る舞いについてで、彼らが一般の市民やネット上の無名の方々と同じように首相を子馬鹿にしたような態度を取っていた事は、自分としては全く納得できないものでした。

例えば、叩き上げで成長した感覚型の社長率いるワンマン会社で時々あるのですが、社員の方と話をしている時に、必要以上に自らが仕える社長を悪く言う方がおられます。「自分は常識があるので変だと思っているのですが」という前提で、「うちの社長は常識がなくてご迷惑を云々」といった小賢しいアピールをしてくる輩で、「こんな社員をなだめおだてて使わないといけないのは大変だなぁ」と同情したくなるようなケースが時々ありますが、そんな場面を何度か連想しました。

仕事ができないにもかかわらずそれを自覚せず、「何も言わず自分に任せてください!」とか言って現場を混乱させて、適当なところで上に下駄を預けて自分の責任は知らんぷり、という閣僚が国民の代表というのは、ちょっと怒りや寂しさを通り越した気分になりますね。。。

一般企業などの場合だと業績など具体的な数字が出るだけに、結果が目に見え易く評価もし易いのですが、政治は短期的に評価するのが難しく、冷静に考えれば言葉遊びとしか思えないような恣意的な評価がまかり通る事が多い気がします。その辺りの政治家の仕事の評価について、より一層丁寧に考えるべき時期なのではないかと、前向きな事を書いてまとめとしておきます。


最後に、首相という重責を担って来られた方に、その職責に相応しいだけの敬意を込めて。お疲れさまでした。


以上、今日はこれにて。


関連記事

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

BKOが云々する

BKOが云々するの?

No title

仮に云々できるだけの立場にいたら、一日で胃が限界になりそうです。なにぶん神経が細やかなもので。。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する