京都市内散策

いい天気が続いているGWですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


さて、今年は平城遷都1300年も影響してか、気のせいか例年よりも人が少ない気もする京都ですが、ちょいとバスに乗って糺の森~下鴨神社へとお出掛けして来ました。

まずは、少し手前でバスを降りて出町商店街へ!既に人の群れが4列になっていましたが、出町ふたばにて豆餅・桜餅・田舎大福(よもぎ餅)などを購入しました。

昼食を見越して諦めたお団子に後ろ髪を引かれながら目的地へ向かう途中、賀茂川に架かる橋を渡りながら上流を眺めた時の、朝の清々しい空気と五月の健康的で包み込むような陽気が素晴しかったのですが、上手く写真に撮れそうになかったので断念。。。

また、途中でお餅を食したのですが、食べる意識が先走って、こちらも写真が撮れず。。読む人を羨ましがらせる事が出来ないのが残念であります。


京都では毎年5月15日に葵祭が行われるのですが、下鴨神社ではそれに先立つ前儀として、5月3日に流鏑馬神事の騎射が行われます。↓これは二年前に行なわれたものだそうで。


http://www.youtube.com/watch?v=H4V8v8q4v3k

糺の森をしばらく散策して下鴨神社へ。楼門が近付いて来ます↓。それをくぐった先には舞殿が存在感を放っています↓↓。
楼門1
楼門2
舞殿


いずれも寛永5年(1628年)に建て替えられたそうです。徳川3代家光の時代ですね。

ちなみに、先ほどの流鏑馬は、応仁の乱(1467-77)後に途絶えた葵祭が元禄7年(1694年)、5代将軍綱吉の時代に復活した際に再興され、明治維新で再び途絶えたものの昭和48年(1973年)に現在の形で復活して今に至ります。


その後は鴨川の賑わいを眺めながら出町柳へ引き返して、遅めの昼食をセカンドハウス出町柳店にて。お隣のタナカ珈琲も健在で何よりです。あと、ほんやら洞も何度か閉店の噂を耳にしつつもまだお店があるみたいで、嬉しい限り。また今度、ぷらっと行ってみたいものですね。

それから寺町を南下して梨木神社へ。京都三名水の中で唯一残っている染井の水で有名です。祀られているのは三条実万・実美父子。門に置かれていたお賽銭箱には、実美の八女と孫の連名で平成9年に奉納されたとありましたが、明治維新の功労者である三条実美の年齢を考えるとちょっと不思議な感じです。100歳を越えてご存命であられたのか、お孫さんが取り仕切った上で連名にしたのか。

それから京都御苑の中を歩きました。ここに至るまでの各所で空の青さと葉の緑が印象的でしたが、生命力を漲らせた葉の表面にかすかに残る水滴がほのかに光り・・・いい一日でした。


以上、今日はこれにて。
関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

二年前も

アルゼンチンですね…。

ちょうど

北京五輪の年ですね。
あの時は優勝でしたが、今回は???

再興するの?

再興するの?

No title

途絶えてしまった色んなものを、うまいこと再興できるといいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する