スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅田三番街・アメリカン珈琲店の閉店(BlogPet)

BKOの「梅田三番街・アメリカン珈琲店の閉店」のまねしてかいてみるね

ローカルなの繋がりがやはり寂しい気持ちが入るという事でしたか28日だったので昭和44年で頑張るに異なり、信憑性はいないと1969年でしょうか28日だったの中で本格的なものな事は阪急梅田三番街が入るという事は売り上げに幕を下ろしたので、メニューや値段が、今日は思いますね。
昔から一世紀から一世紀から営業した支店という事を望むものでれるの頃ですがある果物屋(→あるもので、何ら偉そうです。
ここまで書いて、珈琲豆がオープンしていなかったが微妙に幕を下ろしたの自動販売機すらあると、喫茶店と1969年で本格的な話として、バブルのこれからにも又聞きなので変だと言えばこのお店として、どの程度のお店を書き記しておく意味は、大阪でありますので、信憑性など?
話として、電気があると言えばこの珈琲店がないので昭和44年も書いてきた)などなどなど。

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。
関連記事
コメント

No title

ああ、やっぱり28日でしたか。日曜日ですしね。

歴史が長いってだけで偉そうにされるのは確かに嫌な感じですが、質が伴って長く続いているお店がなくなるのは寂しいものですね。

確かに、自動販売機も増えすぎているので、これからは自販機の幕引きというのもどんどん増えてくるのかもしれませんね。人口も減るわけですし。

とはいえ、さすがに昭和の時点で電気はあるので、あまり馬鹿にしないように!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。