敗因

残念ながら、アジアカップ準決勝で、日本はサウジアラビアに2-3で敗れ、決勝進出はなりませんでした。


簡単に敗因を挙げるなら、「セカンドボールを拾えなかった事」でしょうか。それは運動量が少なかったからでもあり、ポジショニングや連携でまだ改善点がたくさんあったからでもあると思います。

ただ、選手は疲れていたのでしょうが、オーストラリア戦のパフォーマンスとはほど遠いものだったのが、見ていて残念でした。


今後は、効率的に走る事と、Jリーグよりも半歩プレッシャーが強い状態でも同じ様なプレイが出来る事を目標に、守備では1対1の対応(特にドリブル対策)と数的有利な状況では絶対に抜かれない事を目標に、更なる高みを目指して欲しいと思うのでした。


読んで頂いてありがとうございました。
今回はこれにて。
関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する