HSTM

引き続き軽い話題。今日は元号について。


ふとカレンダーを見てみると、今年は平成22年。昭和で言うと85年。大正だと99年。明治だと143年になるそうで。で、4つのうち3つが1と2以外の約数を持つのは珍しいのではないかな?と思ったので、少し考えてみました。

結論から言うと、平成で7および11の倍数の年が該当するみたいですね。リストを書き出すとこんな感じ。

・平成07年=昭和70年=大正84年=明治128年
・平成11年=昭和74年=大正88年=明治132年
・平成14年=昭和77年=大正91年=明治135年
・平成21年=昭和84年=大正98年=明治142年
・平成22年=昭和85年=大正99年=明治143年

ちなみに、平成で奇数の年は、明治・大正・昭和のいずれも偶数になります。この場合は平成が仲間外れ。平成7n年だと明治が仲間外れ、平成11n年だと昭和が仲間外れなのですが、大正だけ仲間外れにならないのは、何だか微妙に面白い気持ちになりますね。

そして、4つの元号が互いに素になる辺りからしても、明治は遠くなりにけり、なのかもしれません・・・などと適当な結論を導いたところで、今日はこの辺で。

以上、読んでいただいてありがとうございました。


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する