妖説太閤記

続いて、山田風太郎の「妖説太閤記 上・下」(講談社文庫)について。


先ほど感想を書いた「産霊山秘録」もそうでしたが、作者の太平洋戦争に対する気持ちの強さが随所に現れていて、色々と考えさせられました。

本書の場合は太閤記なので、舞台は戦国時代から外に出ないのですが、例えば本能寺襲撃後の光秀の日の過ごし方を真珠湾後の日本軍と比較するなど、作者の想いが伝わって来るのでした。


さて本書は、「容姿が醜くてとにかく女の人に見向きもされない」秀吉が、理想の女性であるお市の方を自分のものにする為に出世を重ねて、ついには天下を取ってしまった、という設定になっています。

その悲惨な設定はともかく、目的の為には手段を選ばず、物語世界の中で醜悪な姿をさらし続ける秀吉を想像して、以前読んだ時には「いっそ早く死んでくれないものか」と主人公の死を願ったものでしたが、今回は少し気持ちが変わっていて、決して目的がぶれない精神力と、その為の手段に知恵を絞る様は、素直に称賛に値すると思いました。


さて、本能寺を始め色んな歴史上の事件が、全て秀吉の意図した結果生じたとするのは無理があるとは思うのですが、多少の例外を除いて先の設定で上手く説明できる様によく考えられていたのは凄いですね。この作者の一番の傑作は本書かもしれない、などとふと思ってみたり。

また、登場人物の人物設定も見事で、物語の中で生き生きとしている様子を思い浮かべ、一度読み出したらなかなか途中で止められない楽しさがありました。秀吉が死んでもこの設定で物語を書き継いで欲しいと思ったほどに。

戦国時代が好きな人で、盲目的に秀吉が好きという方以外ならば、誰でも楽しめると思います。5段階で4と、「優」をあげて良い作品だと思いました。


しかし、最後まで人が嫌がる事をした秀吉ですが、最後の最後では淀殿の愛を得たという形になっています。それは、一途で無償の愛が叶ったというだけでなく、やはりこの秀吉的な傾向への、作者の深い理解からではないかと思います。

なので、橋本治氏が巻末に書いておられた、”作者は、太閤秀吉に、「見たくはない己れの一面」をみているのかも”という一文にはとても納得させられました。読後感も良いし、良い終わり方だな、としみじみ思ったのでした。


何だか上手くまとまりませんが、今回はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。
関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する