スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームの話

ちょいと間隔が空いてしまいましたが、今日はゲームについて書いてみましょう。


この10年ほど、たまに昔のゲームを立ち上げる事はあったものの、新しいゲームは全然プレイしていませんでした。最後にやったのがドラゴンクエスト7なので、今世紀の作品は未経験という事になります。

とは言っても、前世紀の作品は何だかんだで人並みには経験していて、ドラクエやファイナルファンタジーなどの有名作+α(友達のお奨めなど)をファミコンやスーパーファミコンでプレイした程度ですが、楽しい記憶が残っています。

しかし、ハードがプレイステーションになって以来、FF7をクリアはしたもののどっと疲れて(ファンの方ごめんなさい...)、そろそろゲームもいいかなと思いかけていた時に、友人が教えてくれて熱中した作品がありました。


・・・と、ちょっと勿体ぶった書き方をしてしまいましたが、それが今年の1月にDSでのリメイクが発表され、先月の17日に発売された、ゲームボーイの「SaGa2秘宝伝説」という作品でした。リメイク情報を知って、ニコニコ動画を見て更に盛り上がり、そしてその日から、DSを買うべきか否かという苦悶が始まったのでありました(笑)。

ちなみに、同じ時期に第一作の「魔界塔士SaGa」もプレイしたのですが(旧スクウェア初のミリオン作品は、FFではなく本作だったとか)、何よりもまずセーブデータが消えまくった記憶が強いです(苦笑)。この時点で既に発売から10年なので、仕方がないと言えばその通りなのですが(結局、セーブに頼らず一気にクリアしました...)。


で、「SaGa2」の方はたまたま電池の持ちが良かったのか、あまりデータが消える事もなく堪能できたわけですが、今でも時折やりたくなるぐらいに良くできた作品でした。ゲームボーイ初期の作品で、例えばフィールドから町に入ってもバックミュージックが変わらなかったり(容量の関係からか総曲数が少なく、同じ曲を複数の場面で使い回していました)、グラフィックなども相当に見劣りのするものでしたが、ゲームの楽しさはそうした要素に左右されないのだなと実感したものです。

基本的には80年代の少年ジャンプ的な王道ノリで、ストーリー展開なども割に予測が可能な、ベタと言えばベタな作りです。しかし、物語の盛り上がりどころでプレイヤーの期待そのままに話が展開して、それが名場面として記憶に残る作りは、今でも根強いファンの評価に繋がっているのでしょう。

作品としてはFF2~3辺りの時期で、これら二作を担当したスタッフが中心になっていると思うのですが、個人的にはあまり好きではないFFの「人の死がストーリーの根幹に関わりやすい傾向」が殆ど見られないのも、評価したくなる要因の一つでした(正確には、無いわけではないのですが、個人的にはあれは普通に良かったと思いました。気になる方はプレイしてみて下さいな(笑))。


という事で、どうせへべれけになってダラダラと過ごす事になる年末年始にプレイしようかなと思っているのですが、何せ10年のブランクがあるのでドキドキ状態です。まずDSからして、DSiを買えばいいのかDS Liteを買えばいいのか良く分かりません(苦笑)。今の認識としては、

DSi:写真、SDカード、ネット閲覧などが可能。
DS Lite:電池の持ちが良い、ゲームボーイアドバンスのソフトもプレイできる。

という事らしいのですが、手持ちの(カラーですらない)ゲームボーイのソフトなどもLiteでプレイできるのか?(できたら良いなぐらいで、できなくてもOKですが)とか。DSiでプレイできないDSのソフトが少しあるらしいのですが、それを詳しく知りたいぞ、とか。他にどんなソフトを買おうか?とか(今の段階で「KORG DS-10」は購入予定)。些細な疑問に苦しみながらも気分はルンルンな今日この頃なのでありました。



という感じで、今日は遅くなったのでこんなところで。。

次回はゲーム音楽について書こうかなと思っているのですが、ちょっとまだまとまっていないので他の事を書くかも?まぁ予定は未定という事で、良い意味で適当にお付き合い頂けますと幸いであります。

以上、読んで頂いてありがとうございました。



関連記事

テーマ : ゲーム - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。