平凡なお盆

お盆には小難しい本を読もうとか色々と考えていたのですが、どうも体調がイマイチというか。調子が悪いとまではいかないものの、どうも頭の働きが鈍く、少し読んで午睡して夜になって酒を入れてダラダラ過ごして翌日寝不足で調子が出ず最初に戻る、という繰り返しで終わっちまいました。

で、飲みながら読んでいた本の話などは後日に回すとして、ちょっとどうでも良いような話を軽く書いてみましょう。


それは酒を飲みながら過ごしていた日曜日の事。CSでサッカー放送が何故か無料なのを発見して付けてみたのでした(開幕戦だけ無料放送だったらしい)。すると、ペナルティー・エリア手前でボールを受けたルーニー選手が複数の相手に囲まれながらボールをキープしてサイドに展開したところで、観客から拍手が。

とりあえず、現地の観客はよく試合を見ているなぁ~などと偉そうな事を思って感心していたのでありますが、そうした細かなプレイにも反応が返ってくる事は選手にとって嬉しい環境だろうなぁと。ただま、個人的にはJリーグの応援スタイルも好きなのですけどね。


さて、そんな事を思いながらコップを傾けていると、何やら訝しがる声ありけり。曰く。

「これ、相手って何ハム?」

ちなみに答えはBIRMINGHAMで、文字数の関係からBIR'HAMなどと略されていたがゆえの疑問だったみたいですが、残念ながら日本ハムでも伊藤ハムでも丸大ハムでもありませんでした(笑)。

で、考えてみるとTOTTENHAM、WEST HAM、FULHAMとHAMで終わるクラブってそれなりの勢力を誇っているんですよね。条件を緩めてHAMが含まれているクラブにするとWOLVERHAMPTONも入ってきますし、5/20となるとさすがに侮れない存在なわけで。

という事で、これはもしやハム太郎の世界戦略の一環なのか?などと阿呆な事を考えながら、お盆を締め括ったのでありました。


以上、今日はお気楽にこんな感じで。
読んで頂いてありがとうございました。


関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する