スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84雑感(BlogPet)

BKOの「1Q84雑感」のまねしてかいてみるね

『渚にて』から80s的に幾つある力がありましたら、ネビル・シュート『双調・漫画での影響については高尚でも手段を少し悩んだ話が経つのでいい加減に挑むわけでは共通しました。
もう少し踏み込んで時々出て来たファンが意外でした結果としても判らない辺りが生んだところですので、肩透かしを選ぶ、作中で描写させた結果としての英語訳で主人公の裏の人々が作者の宗教団体を怖さも気に援用する様子が見事に端を思い起こさせたという割に大作ですがおられますが出るのそれです。
それですので、存在の疑問と良いな表現をめぐる冒険』的なところ?
何かしらのファンがもう少し深い人間性へのでした自分が今リアルタイムで、こちらも増してきたな流れで『東京奇譚集』よりはシステム側に広く膾炙したと思われてもありますね。

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。
関連記事
コメント

とりあえず

ネビル・シュートの作品名が凄い事になってるわけですが、『双調・漫画での影響については高尚でも手段を少し悩んだ話が経つのでいい加減に挑むわけでは共通しました。もう少し踏み込んで時々出て来たファンが意外でした結果としても判らない辺りが生んだところですので、肩透かしを選ぶ、作中で描写させた結果としての英語訳で主人公の裏の人々が作者の宗教団体を怖さも気に援用する様子が見事に端を思い起こさせたという割に大作ですがおられますが出るのそれです。それですので、存在の疑問と良いな表現をめぐる冒険』で215文字はギネスものでは?(笑)

で、システム側に広く膾炙した結果、状況が更に悪くならない事を願っております。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。