WBC決勝展望

眠たいけど書きたいので乱筆失礼、と前置きして。明日のWBC決勝の展望などを簡単に。


準決勝のアメリカ戦は結果を知った上で7回途中辺りから観たのですが、う~ん・・・。アメリカの守備は何なのでしょうか?エラーとして表に出た部分だけではなく、日本だったら大目玉を喰らいそうな緩いプレイが幾つかありました。

ハイライト(つまり点に繋がったシーンが多い)の印象が強かったので余計にそう思ったのかもしれませんが、短期決戦で重要なのは守備=投手力と守備力なのに、後者をまるで軽視していた印象を受けました。というか、守備面で「大リーグの凄さ」を感じる場面があまり無かった、と言った方がより正確かもしれません。


最近サッカーでも野球でも主張している事ですが、守備については緻密、攻撃については余裕を重視すべきではないかと思っています。で、日本代表の場合は、攻撃でも緻密を重視し過ぎている気がする...などと偉そうな事を書いていたわけです。

ところがアメリカの場合は守備も攻撃も「ガンガンいこうぜ」みたいな感じで。大リーグは殆ど観ないので守備の技術があるのかは分かりませんが、代表クラスであれば(技術で日本選手より劣っても)身体能力でカバーして緻密な守備を行えるだけのポテンシャルはあると思うのに、どうしてそれを怠ったのかな?と。逆に言えば相手にはのびしろがまだあるという事ですが、ちょっと拍子抜けでした。今の状態だと、3回に2回は充分に勝てる相手という印象でした。


で、決勝の相手は日本と同じくらい守備の重要性を理解している韓国ですが。。。ま、嫌な相手ですね・・・(苦笑)。とにかく、決勝の名に相応しいレベルの攻防が繰り広げられると思います。大雑把に戦力比較をすると。。

投手力・守備力という点では少しだけ日本の方が上回っている印象です。日本の方がより緻密という感じで、ただ、相手も相当のレベルです。

攻撃面では、長打力で少し劣るのと、機動力などの活かし方で違いがあるように思います。これも日本の方がより緻密という印象です。

この辺りはベンチの影響も大きいわけですが、采配の幅という点で完敗だった北京五輪に比べるとまだマシかなぁ、と。原/星野比較になりますが、どちらもオーソドックス型で、星野さんは当たれば効果抜群(外れたらチーム崩壊の危機ですが)のカンフル剤を使えるものの、ここ一番の采配が弱気。原さんはカンフル剤は使えないものの、我慢強い采配ができる(我慢が強すぎる場面もちらほらありますが)。ペナントではほぼ互角ですが、短期決戦だと決断という点で原監督の方が期待できる気はします。

で、韓国の監督はというと、試合を観ていないのに語るのもなんですが、4度の日韓戦のスコアボードを見る限りでは、北京五輪の監督よりは戦術の幅・勝負勘の点で現監督の方が劣る印象を受けるのです。なので監督についてはほぼ互角~やや劣勢という感じかと。

最後にメンタル面ですが、日本を相手にした時の韓国選手の気合の入り方には凄まじいものがありますが、これまでの対戦の蓄積が与える影響と決勝という舞台を考えると、ほぼ互角と言って良い状態だと思います。というか、そうでないと話になりませんし、プロ失格だと思います。


結局、勝負を分けるのは、両チームの攻撃面での違いなのかもしれません。終盤を迎えた段階で日本がリードする展開だと、オーソドックスな采配と攻守両面での緻密さでそのまま押し通せる可能性が高くなります。ただ、韓国の攻撃は緻密さに劣る分だけ意外性と爆発力があり、そこは要注意かと。

逆に終盤を迎えて韓国がリードしている場合、オーソドックスで緻密な攻撃では劣勢を挽回しにくいかもしれません。こうなると個の力が重要なわけで、攻撃において試合の流れを理解した上での奇手が期待できる川崎選手辺りがポイントになりそうな気がします。阪神ファンとしては、競った展開での彼の存在の大きさは2003年のシリーズで存分に味わっただけに、今度は味方として期待したいところです。


何だかんだと長くなりましたが、今日のアメリカ戦を含め、これまでの試合で課題も見え、かつ流れとしても相当に良いものが出来ていると思います。正攻法で充分に勝機はあると思いますので、優勝・連覇という結果を期待しております。


以上、今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。


関連記事

テーマ : WBC - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する