ブロガーと政治についての雑感

しばらく書かなくなったら、ついつい先送りしてしまう感じで。。思いがけず日が開いてしまいましたが、そろそろちゃんと更新します。という事で、今日はリハビリ的につらつらと最近の思うところを書きます。


記事を書かないで過ごしている間、色んなものを読んで過ごしていたのですが、その中には色んなブログもありました。主にはてな界隈のブログで、特定の書き手を追っていたというよりは、テーマが同じ記事を並立に読み比べていた感じでした。

で、色んな事に詳しく真面目で純真な方が多いなぁ、と思いつつ、一方で少し危うさを感じるというか。自分にもそんな傾向はありますが、どうも変に固くまとまりすぎている事が多いかな、と。極端な事を言えば、特定の組織にとって利用し易いタイプじゃないかな、という。平成7年のテロ事件で「エリート達がなぜ?」みたいな話題がありましたが、そんなところに繋げて、勝手に危ぶんでおりました。


あとちょっと政治の話。中川財務・金融相が辞任されましたが、財務・金融相の兼任は麻生政権の数少ないヒットの一つだと思っていたので、個人的には残念です。で、自分は与謝野さんをあまり評価していないというか、組閣の時点で彼が経済財政相だったのが落胆の始まりだったわけですが。。。

財務・金融相の兼任を続けたのはともかく、これで麻生政権への期待は「継続」のみになってしまったなぁ・・・と、落胆を更に重ねた今日この頃でありました。民主党がもう少し頼りになればねぇ・・・と、現実逃避をしても仕方の無いことですが、個人個人では良い事を言ってたりするのに、どうして集団になるとこうもダメになるのでしょうね。

ま、嘆いてもどうにもならないので、「集団の怖さ」の教訓を身近なところで応用する事を考えながら、ぼちぼち過ごす事にしましょうかね、っと。


明日以降、サッカーの話やら読んだ本の話やらをぼちぼち書いていきます。
とりあえず今日はこれにて。

読んで頂いてありがとうございました。


関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する