Resistance

報道もだいぶ落ち着いて来た感じなので、ちょいと小室哲哉氏について個人的に書いておきます。


自分にとって小室さんというと、80年代というイメージがあります。もちろん90年代が全盛期だったのは確かでしょうし、その頃の曲はCDで聴いてなくても歌詞なしで歌えるわけですが、色々と振り返ってみた範囲では「聴き直してみたい」とまでは思えないというか。

もちろんこれは個人的な意見でありますので強制するつもりはありませんが、TM NETWORK時代とそれ以降というか、80年代と90年代というか、その辺りで自分の中ではハッキリ区別されている感じがあります。ちゃんと聴き直してみたら例外はいくつか出て来そうですが、やっぱり曲から受けるイメージに違いを感じてしまうんですよね。

「小室さんはどこで間違えたのか?」なんて事が議論されていましたが、プライベートな事は全然分からないものの、楽曲という点ではこの辺りなのではないかと。「間違った」というわけではないのですが、the point of no returnというか。「そちらに行ってしまうのね」的な分岐点をこの時期に感じてしまうのであります。


で、犯罪は犯罪として、曲には罪はないわけで。昔の曲を知らない人向けにTM NETWORK時代の曲を振り返ってみようと思うわけですが、なかなか絞りきれないのが困ったところ。下手に考え出すと曲ごとにそれぞれ理由ができて余計に選び辛くなるので、ふと思い付いたResistanceという曲を取り上げる事にしました。で、YouTubeで聴きながらコードを拾ったものを例によって末尾に載せておきます。(*追記:リンクを追加して、ついでに一つだけ貼り付けてみました。)

YouTube - TM NETWORK ~Resistance~LIVETOMATO'88


YouTube - RESISTANCE
YouTube - TM NETWORK - RESISTANCE


ちなみに、コードやら歌詞を載せるのは著作権的にどうなのかという話ですが、問題があると言われたら大人しく削除しますです。

ただ、音楽とは元々「音を楽しむ」ではなく「音と楽」であって、「楽」とは楽器の事だったりするわけで。聴く一方ではなく、演奏する人が増えてくれたら良いなという思いから、J-Total Musicなどには載っていない昔の曲を、個人的に聴き取れた範囲で公表しているわけでありまして、お上に逆らおうなどとそんな大それた事はいやいや滅相も御座いませんですだ・・・などと一応書いておきます(笑)。



で、長々と語るのも何なので2点だけ。イントロと転調について。


この曲のイントロですが、80年代的なカッコ良さというか。これは揶揄しているわけではなく、結構好きなんですけどね。BOOWY~氷室さんのソロなどでもよく見られるこの感じは、例えば70年代的なカッコ良さとは違った洗練があり、一方で野暮ったい部分もあるわけですが。

何と言えばいいのか。カッコ良さと野暮ったさという二つの要素で考えた時に、70年代の作品は野暮ったさの部分に、より惹かれるものを感じるというか。土着のベタな部分が残っている方が受け入れ易くて、その上にカッコ良さがあるという聴き方をしているような。。

70年代的なカッコ良さは、もちろん自分にも通じるしカッコイイとも思うのですが、たまについて行けない瞬間があったりして。この辺りは世代の問題なのでしょうけれど、洗練の最後の部分でたまに違和感を感じるというか。

それに比べて80年代の場合、まず惹かれるのはカッコ良さの部分で。もちろん、時には身を引きそうになる瞬間もあるのですけれど、そんな時にはある種の野暮ったい感じが(これを単に洗練が足りないと思う方もおられるのでしょうけれど)我が身を押し止めるというか。それで完全には引き切らないで済むわけですが、この曲のイントロはそうした80年代国産ものの特徴が表れているなぁ、と個人的に思うわけであります。


それから転調についてですが、小室さんの作品を耳にして、転調に引っ掛かりを覚える曲がいくつかあります。それは大サビでの半音上げという転調ではなく、AメロBメロとサビでキーが違うとか。曲名は分かりませんが、確かglobeの曲でやたらキーが変わる曲があったような。で、小室さんの曲の場合、そのキーの変わり目に特徴がある気がするのです。

下記の「あの日~」と「悲しみに~」とでは1音半の違いがあって、キーがF#マイナー(Aメジャー)からAマイナーに変わる面白い作りになっています。ただ、この変化に伴うコードの流れは特に小室さん独自のものではなく、問題にしたいのはその変わり目の印象というか。

音楽理論をきちんと修めたわけではないので説明し辛いのですが、強引と言えるほどの力技の変化でもなく、技巧と言えるほど上手く自然な変化でもなく。アレンジも絡んで来るので印象論の域を出ませんが、彼の性格がよく出ている気がする部分なのであります。ただ、単に思い込みという可能性も大いにありますので、真に受けないようにご注意を(笑)。



最後に、TM NETWORKについて。アルバムで個人的に聴き直してみたいと思うのは「humansystem」か「CAROL」でしょうか。「Self Control」は当時としては画期的だったのでしょうけれど、今の自分的には少し物足りない部分がありそうな。「CAROL」以降の路線は自分が好きな方向ではあるのですが、彼らに合っていたかという点で疑問があるかな、という感じです。

YouTubeで久しぶりに聴いた印象としては、真面目に読むには歌詞は少し恥ずかしいし、ヴォーカルは音程を外し易く、ギターは控え目で。ただ、歌の響きとしては悪いものではなく、宇都宮さんの声には魅力がありますし、木根さんの繊細さは特にバラード系の作曲において威力を発揮するわけで。

先に書いた小室さんの転調についての特徴も加えて考えると、彼らの魅力はその中途半端な部分にあるのかもしれません。長所だけで勝負できるほど圧倒的なものは無いものの、短所をカバーするには充分で。そうした傾向を彼ら自身が等身大に捉えてなお前向きにいられた時代、というのが、80年代のTM NETWORKだったのではないかな、と。そんな事を考えていたのでありました。


といったところで、今日はこの辺で。
興味を持たれた方は、一度↓弾いてみて下さいませ。
*なお、「Bm/F#」は「Bm on F#」の事です。



Resistance / TM NETWORK
作詞:小室みつ子、作曲:小室哲哉


前奏|F#m|Bm/F#|E7|A|F#m|Bm/F#|E7|A|


F#m Bm/F# E7 A
あの日君を見送ったのは 砂が風に飛び散るスティション
F#m Bm/F# E7 A
レールウェイが遠くかすんで 街に冬が近づいていた
D E A D E A
いつも違う生き方を 夢見ていた君だから  
D E F#m F#m/E D E
別れじゃなく始まりを みつめていたね 振り向いて 忘れない


向かい風にさからうように 遠い道を選んでゆくね 
誰もいないシートの上に 重い荷物投げこみながら

何かを見過ごしたまま 生きられない君のグラデュエイション
どんなに離れていても ひとりきりで  くじけないで I am beside you

A E/G# F#m A/E D C#m Bm Bm/E
Take your time 自由は時に It's a long distance 孤独な旅さ
A E/G# F#m A/E D C#m Bm Bm/E
One day comes 待ち続けるよ Love is strong 君が好きだから

Am Dm/A G7 C
悲しみに沈む時にも 強く深く 君のレジスタンス
Am Dm/A G7 C
抱きしめた心の地図は 明日をさがす 君のレジスタンス

足もとに流れる川に don't get down don't let down 流されないで
自分らしく生きることさ don't give up don't leave out 走り続ける


間奏|F#m|Bm/F#|E7|A|F#m|Bm/F#|E7|A|


今を抜け出さなくては 越えられない君のグラデュエイション
どんなに離れていても ひとりきりで  泣かないで I am beside you

Take your time 自由は時に It's a long distance 痛みの旅さ
One day comes 強さに変えて Love is strong 君が好きだから


目をそらさず追いかけてるか 青く高く 君のレジスタンス
燃やしている瞳の色は 明日に続く 君のレジスタンス
夜の寒さ凍える時も don't get down don't let down あきらめないで
自分らしく生きることさ don't give up don't leave out 走り続ける


間奏|F#m|Bm/F#|E7|A|F#m|Bm/F#|E7|A|


悲しみに沈む時にも 強く深く 君のレジスタンス
抱きしめた心の地図は 明日をさがす 君のレジスタンス
足もとに流れる川に don't get down don't let down 流されないで
自分らしく生きることさ don't give up don't leave out 走り続ける



関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する