ブログと会話

ちょっと考えていた事。
ブログを定期的に書くことで、日常での会話にどんな影響があるか?について。


確か、数日前にブログをザッピングしていた時に、「ブログは自分の意見を固定化・過激化させる傾向が・・・云々」と書いていた方がおられて、「確かになぁ~」と同意しつつも流し読み程度で処理してしまったのですが、少し時間が経ってふと思い出して、ちょっと考えていました。

で、上記の結論に異論はないのですが、他に思いついた事。


・やたらと説明的になる。
会話なのだから、言葉をかなり省略しても通じる時は通じるのに、くどくどと一から十まで口にする。
で、逆にそれを意識したら、今度は端折りすぎて通じなかったり。
ま、どちらの場合も聞き直してくれるので、特に問題視しなくても良いとは思いますが。。

・表現へのこだわりが強くなる。
で、なかなか最適な表現が見付からずに四苦八苦したり。
ありふれた野暮ったい表現でも良いのに、下手にこだわる事で会話のリズムを損ないやすいかな、と。

・話題の全てに一応の結論を求める。
オチが欲しいというか、中途半端な扱いで別の話題に移る事に、少し居心地の悪さを感じたり。



ここでちょっと思い付いた事。

・「上手い表現」が会話で飛び出すと、言われた方は反応が難しい。反論も発展も難しく、同意なり賞賛なりを口にするぐらいで、会話の流れとしては停滞する可能性が高い。

・これは「正論」についても成り立つ。故に発言者は居心地の悪さを改善しようと饒舌になる傾向があり、自明の事柄を繰り返し口にする。

・つまり、これらの場合、発言には正確さはあっても余裕が失われている。正確さが怪しい発言はもちろん問題だけれど、余裕のない発言も会話という点では問題を生む。

・これはしかし、演説やブログなど一人語りの場合は問題にならない気もする。これらの場合にはより一層の正確性が求められる。

・だけれども、余裕がない事が全く問題にならないのは間違いで、相手のいない発言などありえない。一人語りですら、潜在的な読者・聞き手を無視する事はできないし、無視した結果は面白みのない一人よがりなものになる可能性が高い。



そんなわけで、特に結論などは設けませんが、何となく面白いと思ったので記録しておきます。

以上、今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。


関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する