カタール戦

カタール戦について、簡単に殴り書き。


日本については、現実的な戦いぶりで良かったのではないかと。カタールにしてもバーレーンにしても、(日本に上手く押さえ込まれた部分はあるでしょうけれどそれも含めて)まだワールドカップに出るレベルではない気がするわけで。ウズベキスタンは観てないので分かりませんが、この二国が本選に出場しても、耐え忍ぶ以外に殆ど何もできないだろうな、と。日本はもう少しアジアにおける自身の優位に胸を張って良いと思います。

ただ、本選で勝ち進むには物足りないのも確かで。堅実に予選を突破した際には、監督・コーチの人事も含めた幅広い議論を期待しております。


以下、本選を見据えて幾つか。

玉田選手の1トップは、ちょっと厳しい気がします。できれば1トップ下かサイドで使いたいところですが。1トップ下なら守備はほどほどで、その代わりに1トップ(巻選手とか?)に守備の負担を強いる感じ?攻撃時はトップ下で、守備時は1トップでCBにプレスかけてお終い、と書くと伝わり易いかも。サイドで使うなら、海外に派遣してモウリーニョの下で1年ぐらい修行できたら面白いプレイヤーになるかも?現時点では、強豪相手に最初からサイドで使うのはちょっと勇気がいる感じですね。いい選手だけど、ちょっと使いにくい部分がある印象です。

田中達也選手は、怪我がちじゃなければなぁ、とか。ただ、他との兼ね合いがあるだけに、大久保選手とポジションを争う事になるのか、それとも共存できるのか?ドリブルやシュートの積極性は頼もしいだけに強豪相手でも観てみたい選手ですが、組み合わせが難しいなぁ。。。難しい原因は、強豪相手だと守備からまず考えるべきだとして、一対一の弱さ(後で補足します)から攻撃に人数を割けないので、結局前線の誰かを削る羽目になる辺り。どうしたもんだか?

中盤の底。長谷部選手はとにかく便利、という印象。海外に出て、着実に経験を積んでいる事が窺えるのが嬉しいですね。でも、まだまだ成長して欲しい。クラブワールドカップが楽しみなので遠藤選手は怪我をしないようにと念じながら観ていましたが、ACLがとてもいい経験になったみたいで頼もしい感じ。できるなら、今からでも海外でより一層の逞しさを身に付けて欲しいところですが・・・。


後はだいたいいつも通りというか予想通りというか。普通に守備をして普通に戦えばこんな感じじゃないかな、と。だから中村選手には選手生命を短くするような無理はして欲しくないなぁ、とか。あと、審判の笛の基準が全然判りませんでしたが、試合の流れを上手くコントロールしようという意思は伝わったかな。マクロは良いんだけどミクロがちょっと...という感じでした。これは改善を期待できる事なので、審判レベルの向上というアジアの課題の為にも、この審判団には頑張って欲しいところ。


で、あと2点。


まずは、当ブログで追いかけて来た松井選手について。シュートを放ったシーンぐらいで、その他は特に印象に残らず。というか、あの使われ方だったら他の選手を使ったほうが良い気がするわけで。「与えられた仕事をこなすだけ」という状況を理解しているが故に、逆にプレイが軽くなる傾向があるのが、うるさ型の方々に睨まれる原因なのでしょう。

決して使い勝手が良い選手ではないですが、彼を使うのであれば、思い切りの良さを前面に出せる状況と指示の下で起用すべきだと思うわけで。その意味では監督を選ぶ選手ですし、主に守備において規律を負わせる部分と、主に攻撃において自由に任せる部分とを上手く伝えないと、どちらも中途半端になりそうです。

選手個人について言えば、小さくまとまりつつある気がしてとても残念に思っています。時々は守備面で手を抜いても、その分は攻撃で取り返せばいいや的な、ラテン的なノリの松井選手をもっと観たいぞ、と。点を取ったら急にプレイが変わるなど気分屋の側面が昔からあるだけに、今の悪い状況を改善できる何かの切っ掛けさえあれば・・・とは思うのですが。大久保選手のやんちゃな面に刺激を受けてたら良いのにな、と。2006年の初め頃だったか、フランスリーグでのジーコ御前試合(4-2-3-1のトップ下で中途半端な出来だった)を思い出して哀しんでいたのでありました。


最後に、一対一の弱さについて。北京五輪の時に、数的優位を作る事が目標になっている感じを受けてかなり気になっていたのですが、目標はボールを取る事だと思うわけで。しかし、数的優位を作ったのだからボールを取るぞ!といった意欲があまり感じられなかったのです。で、そこまで酷くはないものの、フル代表でも同じ様な傾向というか。極端な言い方をすると「数的優位を作っておきながら(複数ではなく)個人個人でボールを取りに行こう」としているような。

オシム監督時代の代表で不満だったのは、一対一で仕掛けない場面があまりに多い事。監督本人も嘆いていたという話もあるみたいなのでそれだと選手の責任という事になりますが、一対一だと勝てないかも?という雰囲気が好きではありませんでした。で、守備では尚更で、一対一だと負けるから何としても数的優位を...といった悲壮感すら漂いかねないプレイぶり、マイナス思考が先に立っている感じに疑問を持っていて。数的優位の状況を作る事自体は正しいと思うだけに、要は局面でのメンタルに問題があると思っていたのでした。

これは組織を構築する事で改善が可能で、言うまでもなくサッカーは1 on 1ではなく団体競技なので、まずは(一対一の場面でも)味方選手を使うという発想を持って欲しいな、と。例えば、他の選手のカバーを見据えて、たとえ一対一では負けてもカバーの選手に有利な状況を作って結果的にボールを奪えればOKですし、絶対に負けたらあかんというプレッシャーがなくなる事で一対一のプレイ精度も高まるのではないかと。攻撃で言えば、パスという選択肢があるからドリブルが活きるという流川理論でしょうか。

なにぶん素人考えなので効果のほどは定かではありませんが、一対一の弱さを補うために組織を作るに止まらず、組織作りが一対一での強さに繋がるようなチーム作りをして欲しいものだと。そんな事を考えていたのでありました。



以上、書き始めたときにはこんなに長くなるとは思っていなかったのですが、読んで頂いてありがとうございました。
今日はこれにて。


関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する