監督考(BlogPet)

BKOの「監督考」のまねしてかいてみるね

今夜は国や選手など環境によって会得しないか、チェルシーからの予定な!
何もかもを選択するの基準に戻すと困るわけでありますが判断の始まりでしたわけで評価に言うとは少し苦手っぽい気配ですしていた事を受けましたが通じないケースも頑張って欲しいなぁと思ったりしていた事を発揮できる事の前のは難しいですがありましたファーガソンやベンゲルも多少はこのような能力はあると困るわけで評価するのでしたので観られない以上、そんな事で時代の問題でいただいているの問題で今日はこれにて。
これは少し苦手っぽいように戻すと対戦できる事はバルセロナのはこのタイプな印象を観られません。
リーグの評価にその通りでいただいてありがとうございましたファーガソンや選手たちについて、チームと思います。
・監督について一試合中の圧勝だったので観ながら考え、解説の試合以外の欧州トップレベルで、解説の勝負師的に考えると思われましたのスピードなどでも多少はまず存在しね。
逆に至ったと思いますがボルドーのやり方はなかなか得られません♪
読んで評価するの始まりでした「試合中に効果的に流れを変える手を打つ」事にわたるはずのチェルシーが少しは求められるものの、その反面「あまりに素直に挑みすぎた」といった発言をすくわれましたけれども、そんな結論に戻すと思いますが嫌がるを書き記していくしかないの前のチームのない以上、「相手のリズムに無理に合わせようとして」自滅したので観られません。
そんな結論にわたるはずで、解説ので結果からのか、試合以外のクラブやクラブやクラブに考えると。

*このエントリは、ブログペットの「JFK」が書きました。
関連記事
コメント

え~と

翻訳すると。

チェルシーは環境に適応しきれない選手とタイトル全てを狙う姿勢が裏目に出て。

ファーガソンやベンゲルはファンの手前、同じようにタイトル重視の発言をするものの、より現実的な選択をした結果、CL終盤でバルセロナとの対戦を迎えると。

マンUはチームとしてまとまっていて、ボルドーは結果が出ず、チェルシーは監督発言が問題になりつつもモウリーニョ時代に戻すわけにもいかず自滅すると。

そういった結論になるのだから試合の事は考えず、クラブで豪遊するとかゴルフクラブを持って出かけるとかスポーツクラブで汗を流すとか、要は週末はもっと外に出ろと。

そんな感じでしょうか?

なお、以上の事はペットが言っただけなので、ファンの方は本気にしないで下さいませ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する