海外サッカー

久しぶりにサッカーについて雑談でも。とはいえ、各国リーグが開催して早一ヶ月が過ぎましたが、どうも今年は例年ほど海外サッカーに身が入らない状態です。


原因の一つは放送の問題で、フランス・リーグの放送が無くなり、新たに放送が始まったバイエルンTVにはいまいち興味が惹かれず、バルサTVでリーガや国王杯の放送が始まるとはいえWOWOWで充分だし、イングランドのカップ戦も決定打に欠ける感じで、年を経るごとに選択肢が少なくなっている印象です。ポルトガル辺りが電撃的に放送復活して欲しいところですが・・・。

それから、今や最高峰の名を恣にしているイングランドのプレミア・リーグが個人的にはやや食傷気味で、今年も4強の優位は揺るがなさそうですし、特定のクラブに限らずお金の使い方が気に喰わないケースが多かったりとか。

野心的なクラブが大金を叩いて選手を集める事に否定的なのではなく、今更ビジネスという側面を問題にする気はないものの、どうもデジタルに過ぎるというか。上手く説明できませんが、お金の額とかよりもサッカー界を取り巻く雰囲気が嫌な感じで定着してしまった感があって、それが気になってしまうという感じでしょうか。


そんなわけで、毎週末に結果を確認する程度で、あまり試合を観ていません。個別の事を言えば、密かに応援しているアストン・ヴィラの調子が良さそうなのが少し嬉しかったり(書いた事で勢いが落ちません様に)。松井選手の調子が上がらない事や、中村選手がJリーグ復帰に言及した事が気掛かりだったり。


そういえば、今年もCLの初戦1日目は初回放送が無料で視聴できたので、「PSV×アトレティコ・マドリード」「チェルシー×ボルドー」「マルセイユ×リバプール」を録画してみました。とはいえフランス勢は結果が出なかったし、一番楽しみだった試合はPSVが悪すぎる印象で。

アトレティコは快勝だったものの、決勝トーナメントできっちりスペースを消した守備で手堅く戦うチームが相手になると、守備面での甘さも目に付いただけに不安が残る感じです。大一番での勝負弱さはインテル以上に信用できない印象ですが、リバプールと同組なのでRound16では当たらないのは地味に大きいかも?ユベントスとチェルシーさえ避けられれば、どんな相手でもそこそこ戦えそうな。

後はアグエロの勤続疲労次第でしょうか。PSV戦での2点目の動きは鳥肌ものでしたが、今朝方のセビリアとの一戦では疲れが目立ちました。それは彼に限った事ではなく、チームが厳しい日程に慣れていない事が大きいような。CLという舞台を意識し過ぎて発奮した影響が今になって出て来たのかな、なんて考えていたのでありました。

ついでにセビリアについては、アウベスがいなくなって普通のチームになったな、という感じで。よく組織されて選手たちが労を厭わない普通に良いチームという意味で、特に他意は無いのですが。アウベスとヘスース・ナバスで右サイドを男前に切り裂いていた、特徴的なチームは魅力的だったな、と。ディエゴ・カペルの無茶な突破に磨きがかかる事を期待しております。


というわけで、今年はリーガを中心に、お気に入りのチームや有名チーム同士の一戦をピンポイントで楽しむ感じになりそうです。イングランドの4強対決はJスポーツ2での再放送が土曜日まで無い雰囲気で、ハイライトで済ませるという意欲の低さであります。囲い込んでもJスポーツPlusの契約数には影響しないと思うのですけれど・・・なんて軽口を叩いてみたり。


以上、まとまりませんがそんな感じで今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。



関連記事

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する