理屈

最近、理屈について少し考えていました。


人に何かを伝える時。阿吽の呼吸とか、或いは身振りや感情などで言葉にせずとも伝わっているという状況が一番の理想なのでしょうけれど。より正確に詳しく伝えようと思えば、やはり言葉に頼らざるを得ないわけです。

で、言葉で伝えるためには理屈こそが必要で。脱線ばかりで焦点がぼやけた物言いや、話が飛び過ぎて相手に理解しにくい表現などはできる限り避けて、丁寧に理屈を並べるのが確実性では一番勝るわけですが。


とはいえ、理屈は使い勝手が良いかといえばそんな事は全くなくて。むしろ、話の途中で「理屈っぽい」と敬遠される可能性が高かったりするわけです。また、いくら理屈を並べたところで、相手に理解されなければ仕様がないという部分もあります。国語や小論文のテストでは満点の答案でも、相手が丁寧に読んでくれなければどうしようもないわけで。

更に、人間関係を考えれば(特に我が国では)物事を曖昧に処理する方が都合が良い事が多く。だから、理屈を並べつつも結論を断定しにくい傾向があります。これが更に書き手を悩ませ相手の理解を難しくするわけで。なかなか難しいものであります。


成長したい、という言葉をよく耳にします。が、自分を顧みると、高校を卒業した18の時から欠点というか悪い部分はあまり変わってなかったりして。頻度を減らす事はできても、完全に撲滅する事は難しいのだな、なんて同じ失敗をするたびに思ったりするのですが。

何か意見の対立があったり、意思の疎通がはかれていない時。やはり最初は言葉を交わして改善を図ります。しかし、どう客観的に考えてもこちらの意見が誤解されるばかりで、何度説明しても理解して貰えない時。しかも、間に入ってくれそうな人がいない時。

自分は、これでもそれなりに我慢強い方だと思っているので、すぐに怒りをあらわにせず、何とか自力で解決を試みます。そうした妙な責任感がもしかしたら問題なのかもしれませんが、上手くしこりのない形で事を収めようという思いとは裏腹に、相手に伝える言葉、或いは文章は複雑化の一途を辿り。ついには、英語で言うと関係代名詞やら条件節やら仮定法やらが大盤振る舞いという文章が出来上がって見事な失敗を迎えるわけです。そこに至るまでにさじを投げる(投げられる)事も最近は多く、そうなれば(それができれば)逆に助かったりするわけですが。

相手の事を考えて、この場合はこう、あの場合はこう、そうなったらこう、などと色んなパターンを考慮しつつ、一度で話が済むような文章(言い方)を志す事。それが逆に相手に更なる誤解をもたらし、余計に話がこじれる可能性が増えたりして。そんな時には、自分が積み上げてきた事(言語表現やら知識やら)が全て無駄だったような気すら覚えるわけで。なかなか辛いものであります。


かつて。考え事をしている時に、いちいち頭の中で全てを言語化するのは時間が掛かりすぎる気がして。自分の中で抽象的に理解できるものは言語化せず、考えを進めたほうが合理的だと考えて、少し意識的に訓練とかして。お陰で、一度に考えられる要素はかなり増えた気がするし、思考スピードも速くなった気がするのですが。アウトプットが追い付かないというのは盲点でした。

自分の中では諸要素の優先順位は何とか付けられるものの。だから、切羽詰って自分が独裁的に振る舞える時は問題にならないのですが。人に伝える必要がある時に、自分の中では曖昧で済ませられた要素を口にする必要がある場合、はるか先に行っている思考を一旦戻す必要があるわけで。時々、上手く喋れなくなったり、どもったり、絶句してしまう時すらありました。


文章を書く時と、会話をする時と。今となってはそのプロセスは殆ど同じで。頭の中で既に大枠は固まっていて、それをどう出すかという違いだけ。だから、話をしている時ですら「大した事じゃないんだけど」なんて前置きをしてしまい、逆に身構えられることもちらほらあったり。問題発言がさして問題にならなかった小中学生の頃とは違うので、程度の差こそあれ多くの人は同じ様な感じなのかもしれませんが。素直に思った事を口に出す前に、頭の中ではあれこれと考え事がスタートしてしまうのは、我ながらちょっと哀しいですね。


極端な話はさておき、やはりコミュニケーションとは難しいもので。時折、利害がハッキリしていたり仕事などできっちりとした契約関係にある人との方が気楽で良いかもしれない、とまで思う時もありますが。それでも、人と交わる楽しさは格別なわけで。こうして反省をしながら、改善を試みるのでありました。



以上、今日はこれにて。今日は、と言いながら頑張って記事を書き続けていますが。ともあれ。
読んで頂いてありがとうございました。



関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する