小ネタをつらつらと

先日は英語でエントリーを書いたわけですが。何が難しかったかというと、やはり語彙でしょうか。

要するに、ビジネスライクにwriteとreadを使い続けていれば特に問題は起きないのでしょうが、文章としては面白くないわけで。

故に何とか頭を捻って、違う言い回しを採用しながら書いたのですが。なかなか難しいものです。日本語でも時々同じ表現ばかりで嫌になる時があるだけに、仕方のない事なのでしょうけれど。。


という事で、前置きはさておいて、今回は小ネタをいくつか。



・良スレ紹介。

検索ワード「後北条氏の最大版図」で当ブログに辿り着いた方がおられたみたいで。

ふと気になってgoogleで検索してみたところ、確かに1ページ目に出て来ます。というか、7件しかヒットしないわけですが。。


で、その上の方で↓こんな記事を見付けました。
昔馬鹿にしてた愚将のことを笑えなくなった奴のスレ/今川氏真 - MRI(モナー総研HD)


これは確かに良スレで、なかなか味わい深いものがあったので、記録しておく次第であります。詳しくはリンク先をご覧下さいませ。



・R35

先日、JFKを百叩きしていた時に詠める。

 あのポップ
 理解するのは
 懐かしい


なかなか味わい深い一句であります。で思い出したのが昨今のR35ブーム。それは確かに懐かしくはあるのですが、あれを名曲ぞろいとか言われてしまうと少し違和感があるわけで。あと、キャッチフレーズの「もう一度妻を・・・」ってのがどうにも品が無い気がしたり。って文句ばっかりですが。

自分はそれほど原理主義的ではないつもりなので、例えば他からの引用ばかりでどうしようもないパクリ曲があったとして、それでも巡り合い方によっては、特定の人にとってその曲がこの上なく大切な曲になるとか。そうした事は出来るだけ考慮しているつもりで。だから、「○○さんって、××とかを聞いてるぐらいだし~」的な見下し方をする人々にこそ、違和感を覚えたりするわけです。

しかしながら、個人の大切な経験の域を超えて「歴史に残る名曲」などと言われると「ちょっと待てよ」となるとか。そんな感じなのですが。強引にまとめると、分を超えて思い上がっている方々に違和感を覚えやすいのかもしれません。ちなみに、自分を棚に上げているかもしれない事は秘密です。気をつけたいとは思っているのですが。。。



以上、軽く小ネタを並べたところで、今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。


関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

書きづらくなってる?

JFKがさみしそうです(;_;)。

連休以来バタバタしていたのもあって、ついついサボってました。
ごめんちゃい。
コメントありがとね。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する