2-0の恐怖。その1

○アーセナルの場合


土曜日。正直言って眠かったのですが、テレビを付けてザッピングしていたら試合開始直後だったので、ついついボルトン×アーセナルを観てしまいました。

試合は、降格圏に甘んじているホームのボルトンが、序盤のアーセナルの猛攻をしのいで前半15分までに先制。前半30分にはディアビが危険なタックルで一発退場、更にロスタイム直前に追加点と、前半はボルトンにとって理想的な展開でした。

普段であればここで観るのを止めるところですが、これでアーセナルは終戦かと思うと、まぁ何となく見届けてあげようと、そんな偉そうな動機から後半も引き続き観戦しておりました。しかし・・・。


後半の15分にヴェンゲル監督が動きます。CLを見据えて温存していたアデバヨールとウォルコットを一気に投入すると、18分にセットプレーから1点を返し、更に23分にPKを得て、遂に同点に追いつきます。そして、45分にセスクのシュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、逆転・・・。


最近5試合で4分1敗、更にこの後はリバプール3連戦にユナイテッドという日程を考えても、優勝争いから脱落しない為にはこの試合に勝つしかなかったアーセナルではありますが、監督がその意思を明確にしたこの交替はお見事でありました。って最近何だか同じ様な事を言っている気がしますが、やっぱりこの展開で3バックに変更するのは勇気が要ると思うわけで。まずは様子見の一手などを打ちたくなる気もするのですが、躊躇の無い交代策はやっぱり凄いなぁと思うのであります。

特にヴェンゲルは試合が始まるまでに全力を注ぐタイプというか、試合中の不慮の流れについては諦観で身を任せてしまいそうなイメージもあっただけに、こんな博打も打てるのだなぁと、何だか上から目線で申し訳ないですがそんな事を思ったのでした。しかし皆様ことごとく博打が報われるというのは少し羨ましいですね。


で、少し気になったのは、解説の方がやたらと「疲労」を気にしておられた事。もちろん省エネで試合を終える事も厳しい日程を考えると重要だとは思うのですが、それよりもこの試合に勝つ事が優先順位としては絶対に上にあるはずで。想定外の劣勢に立たされた状態で疲労云々を言うのはどうなのかな?と、同じ事を何度も言っておられたので余計に疑問に感じてしまいました。

その時に自分が考えていたのは、疲労を考慮して例えばアデバヨールを最後まで使わないとか、或いはハーフタイムに選手たちに省エネを指示するとか、仮にそれをしたら逆に疲労度がアップしそうだなと。それよりも「疲れさせる事になるけど、お前ら頼む」と選手に助けを求める方が、精神的な疲労度は少なくなるのではないかと。っていささか青臭い話ですが、やっぱり窮地に立った時に部下に無理を言える事(しかも強制ではなく協力を求める事)に比べたら、疲労の影響なんて繰り返し指摘するほどの価値はあるのかな?と思っていたのであります。もしも自分がリバプールの関係者だとすれば、省エネであっさり勝利したアーセナルよりも、疲れは溜まっていてもこの試合を乗り切ったアーセナルの方が怖いと思うのですけれど...その辺りは今後のお楽しみという感じですね。


この過密日程から来る疲労については昨日もUNOを譬えに少し書きましたが、やっぱりdoroさんが指摘されている様に「勝利により(メンタル面の効果で)疲労は軽減される」のは確かだと思うんですよね。doroさん(と見知らぬお方を相手の与り知らぬ場所で馴れ馴れしく呼んでおりますが)は「非科学的でしょうか?」と自省しておられますが、試合に負けたり優勝の望みが無くなったりで「メンタル面の効果」が切れた時に今までの疲労が一気に意識に上って来る事を考えると、これはやはり「科学的」な考え方ではないかと思ったりするのであります。エネルギー保存の法則は保たれていて、要は後で一括払いか、それともその都度支払うかという違いでしかない気が...って変な譬えを多用すると焦点がボケるので、これについてはこんな感じで。


一気に書いてしまうはずが、いつも通りに思いの外に長くなってしまったので、その1とその2に分けます。ってかまだその2は書いていないのですが。言いたい事が多過ぎて逆に書く気が起こり難い某チームについて、CLもあるので明日にでも上梓できればと思っている今日この頃です。

てか、すっかりサッカー・ブログになってますが、一ヶ月以上前から書きたいと思っている書評なども長くなりそうで二の足を踏み続けて早幾月...って、今はまだ1ヶ月ですが、2ヶ月になるまでには記録しておきたいところであります。テレビやら映画やら音楽の話なんてカテゴリーは、しばらく幽霊部員状態かも。。。



といった処で、今日はこの辺で。
読んで頂いてありがとうございました。



p.s.ペットのひみつ日記

よんだ2008.03.31
チェルシー×アーセナルを読んだよ
真っ先に思うみたい

犯人はグラントだ!・・・とか?
外見のことを言うのは失礼だとは思うのですが、やっぱり悪人顔なんですよね。。
ただ、外見を理由に嫌ったりなどはしませんので、ネタにするぐらいはお許し下さいませ。


関連記事

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する