スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾妻鏡と右大臣実朝

書き留めておきたい事は多いものの、書き出そうとするとあれもこれもと連想ならぬ妄想が尽きずいずれも大作になりそうで、つい記事を書かずにインプットに専念していたら更にアウトプットしたい事柄が増えてしまう今日この頃、とりあえず手始めに本の感想でも記しておきます。



・吾妻鏡

さて先日来、怪しげにも少女漫画コーナーに立ち入りはべる我が身でありますが、その折に全32巻からなる「マンガ日本の古典シリーズ」を発見して。残念ながら在庫が稀少で数冊をまとめ買いしただけなのですが、その中の「吾妻鏡 上・中・下」(中公文庫)を読みました。竹宮恵子さんが描かれています。

登場人物が多く、また昔は一族が多く子沢山でもあるので描き分けが難しかったと思うのですが、吾妻鏡だけでなく平家物語などからのエピソードも交えつつ、丁寧にまとめられていると思います。安心して中高生にお奨めできる、という感じでしょうか(という事はつまり、内容の深さという点では無難なものだという意味でもありますが)。


個人的には、マンガとはいえもう少し文字を多くしても良かったのではないかとも思いました。これでもマンガにしては文字が多いと言う人もおられるでしょうし、原文を出されても意味分からんと言う方もおられるかもしれませんが、不思議な事に何度か読んでいれば分かるような気もしてくるもので。初見では読み飛ばしても良いわけですし、そうした発展性を見越して構成を整えても面白かった気がします。


ただ、何冊か読んだ他のシリーズに比べるとお奨めです。色んな作家さんが担当しておられるが故に、クオリティにも差が出るのが難しいところですね。とりあえず横山光輝「平家物語」と、さいとう・たかを「太平記」は取り寄せて読んでみようと思っています。



・右大臣実朝

そして、その流れで太宰治「右大臣実朝」(新潮文庫「惜別」に収録)を読みました。

太宰については自分が今更何を語れるかという感じで、実のある書評をご希望ならば他を当たって頂ければと思いますが、個人的には得意ではない作家です。

太宰の「人間失格」を中学の頃に読んだが為に性格がひん曲がってしまったと自嘲していた知人がいたのですが、自分はあの作品を今までに三度読みましたが、いずれもそれほどのインパクトは残らず。その他の作品もちらほらと読みましたが、結局は自分には合わないという結論です。嫌いというわけではないのですが。。

そんなわけなので本作品も特に印象には残らず。いや、残らないわけではなかったのですが、何と言うか、実朝よりも太宰を感じて残念だった、という辺りがより精確な表現になりそうです。


個人的に面白かったのは、かつて読んだ時は吾妻鏡からの引用文は殆ど読み飛ばしていて、それは同じ内容が本文で語られる為に、早く先に進みたい気持ちもあってそうしたと思うのですが、今回はじっくり原文を読んで、本文はむしろ流し気味に読んでいた事でしょうか。

流石に以前も作品の最初と最後の引用部分だけは目を通した記憶があって、それで昔の読み方を思い出したのですが、時間があった若かりし頃にせわしない読み方をして、何かと時間に追われる今になって手間の掛かる読み方をするのは、何だか不思議な話であります。


・大海の 磯もとどろに よする波 われてくだけて さけて散るかも
・世の中は 常にもがもな 渚こぐ 海人の小舟の 綱手かなしも



自分が知っている範囲で、という事になりますが、実朝の歌で一番好きなのは前者の作品です。百人一首に選ばれている後者の作品も悪くはないですが、この作中では取り上げられていませんでした。



といったところで、今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。



p.s.ペットのひみつ日記

かんそう2008.03.09
セビリア×フェネルバフチェを読んだ
感想を書くのかー

記憶は薄れるものであるが故に、今の時間を費やしてでも書くのです。ってサボってますが。


かんそう2008.03.10
セビリア×フェネルバフチェを読んだ
選手を投入するのかー

3人までなので、そこのところをヨロシク。


ららら~2008.03.11
こうしんされるのをまってるよ♪

そう言われたからには、更新しなければ男が廃るってもんで。ご覧下さいませ♪



最近はクリックしたら単に名詞を叫ぶだけでなく、名詞+動詞で妙に含蓄のあるセリフを吐くようになって来ました。ペットの成長は早いものであります。

で、そのうち記事にコメントをくれるようになるらしいのですが、その為には文字認証を解除する必要がありそうで、ちょいと考え中です。


関連記事

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。