密かな目標

既に一月も終わりかけの状況で口にするのもなんですが、今年の個人的な目標として、まともな映画のレビューを一本、書くというものがあります。


これはまぁ、それ自体は達成されなくても良い類の目標ではあるのですが。

要するに自分は、圧倒的な情報量に翻弄されて何もできず何もまとめられないという傾向が強いのでありまして、その象徴として映画を挙げているという事なのですが。


自分が考えるまともな映画のレビューとは、その監督が発表している他の作品を前提条件として取り込みつつ、実際にレビューを書く映画については、部分を取り上げて全体を論じるのではなく、その逆ができているもの、って感じでしょうか。かなりいい加減ですが。


しかし、やはり映像というものが持つ情報量はとてつもなく大きいもので、自分はその全体像を把握する事からいつも無意識に逃げていた気がするので、今年はとにかく目標に向けての第一歩という事で、まずはそれから目を逸らさない事をひとまずの目標として、励んで行きたいと思う次第であります。


とりあえず、個人的備忘録って感じですが、今日はこれにて。
読んで頂いて、ありがとうございました。


関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する