スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬優勝

千秋楽の横綱同士の相星決戦、という事で、楽しみにしていた一番。


仕切りの時点で、既に白鵬関に大横綱の風格が出て来ているのに少しビックリしました。
まだ優勝5回なのに・・・。


最初、白鵬関が張り差しに行った瞬間は、もしかして期待外れの一番に終わるのかも?とか、先ほどの風格は勘違いだったか?などといった事が頭を過りましたが、幸い命取りにはならず先に上手を取る展開に。

しかしながら朝青龍関も流石で、左の下手を引きながら巻き替えを図ったり上手を切ろうとしたりと、なかなか一筋縄ではいきません。


そんな中で、お互いに引き付けを競う力の入る場面を経て中央に戻った後、一瞬白鵬関が引いて相手を呼び込もうとする瞬間がありました。負ける力士によくあるパターンで、やはり最後は朝青龍関か?と思った瞬間。

しかし、それではダメだと悟ったのでしょう。白鵬関はやや強引にでも前に出る姿勢を見せ、それが朝青龍関の強引な吊り上げを誘い、結果腰が浮いた相手を見事な上手投げで下して、この熱戦は幕を閉じました。


正直に言うと、やはり朝青龍関は本来の相撲勘が戻っておらず、それでもここ一番での集中力と相手への圧力は頭抜けているので、並の相手では話にならないのでしょうが、この日の白鵬関が相手では難しかったかな、という感じです。

早く勘を戻して、より一層の熱戦を期待したいところですね。


白鵬関については、部屋の事情もあって短命に終わるジンクスを承知で不知火型を選択したり、このたびも朝青龍関への非難が集中している状況でとてもやりにくい部分があったと思うのですが、それらを撥ね退けて充実した相撲を見せてくれたのが素晴らしかったですね。

これからもより一層上を目指して、優勝回数を積み重ねて欲しいものです。


それから、この2横綱との力の差はまだまだありますが、日本人力士も伸び悩みを言われつつも面白い存在は出て来ているので、来場所も頑張って欲しいものです。


以上、久しぶりに相撲の雑感を書いてみました。
今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。


関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。