スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫茶養生記

ほぼ一月ごとに何故か嗜好が変化する今日この頃。今月の自分が愛して止まないものが判明致しましたのでお知らせします。


それは・・・玄米茶!

正確には、こちらで扱っている「玄米入り蓬莱茶」です。

ここはかつて大正期に、芳ばしい香りを出す為に炒った煎茶に玄米を混ぜて売り出す事を考案して、それが現在では広く知られる玄米茶になったとの事です。


当初は特に深い考えもなく、寺町を歩いていた時に、お店自体は以前から知っていたのですが、久しぶりに玄米茶を飲むのも良いかもと思い付いて購入してお持ち帰りして、一杯目は恥ずかしながら淹れ方を失敗してしまったのでありますが、二杯目からは癖になる美味さで即座にお代わりをしてがぶがぶ呑み始めて早半月、といった経緯なのであります。


しかも、最近の急な冷え込みのお陰でお茶のありがたさは否応にもましまし、さすがに炒れた玄米茶をボトルで持ち歩くところまでは至っておりませんが、家の中では風呂便所以外どこに行くのにも湯飲みを持ち歩く始末でありまして、戸外に持ち出すのも時間の問題かもしれないのが自分でも少々怖い今日この頃であります。


ちなみに、先月のお気に入りだった出汁巻きですが、今月もたまに食しております。

ただ、購入してみたふっくら卵焼きだし(リンクの下のほう)はイマイチでありました。

これは、卵2個に大さじ一杯の割で加えるのですが、自分は出汁をたっぷり加えるのが好みでありまして、卵2個に出汁を大さじ3杯は加えたい性分でありますので、要するに嗜好性の違いであります。ちょいと残念。


以上、食べ物について浅ましくもお伝えしたところで、今日はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。


関連記事

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。