スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオ・ゴメスとバルセロナ

昨日のフジテレビ系「すぽると」にて特集されていた、シュツットガルト所属のマリオ・ゴメス選手。

ドイツ・ブンデスリーグにはさほど詳しくない自分ではありますが、この選手に好感を持ったのは、たまたま読んだこの記事がきっかけでした。

一月ほど前、チャンピオンズ・リーグでのバルセロナ戦の直前に書かれた記事ですが、翻訳を通しても面白い性格が伝わってくる文章であります。

バルセロナの各選手の批評についてもおおむね的確だと思いますし、簡潔ながらもウィット溢れる文章力は、素直にお見事だと思います。

父親がレアル・マドリードのファンとの事ですが、いつかはバルセロナにというご本人の希望を、いつの日にか叶えて欲しいところですね。


ところで、そのバルセロナですが、こんな記事が・・・。

怪我で離脱中の選手も多いだけに何とも言えませんが、まず何よりも結果が問われるのがプロ・スポーツの掟である以上は、こんな話が出るのも仕方の無い事なのでしょう。

個人的にはモウリーニョが指揮するバルセロナを見てみたいところですが、ついでに、バルサのサッカーが大好きだというアブラモビッチ氏がライカールトをチェルシーの監督に・・・ってな展開になれば最高だな、などと野次馬ならではの適当な事を考える今日この頃でありました。



以上、読んで頂いてありがとうございました。
今日はこれにて。


関連記事

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。