有頂天家族

森見登美彦の「有頂天家族」(幻冬舎)を楽しく読んだので、その感想を。


これまでの著作の中では、誰に対しても一番お勧めしやすい作品。とにかく読んでいて楽しいです。

一方、作者のこれまでの作品が好きな方にとっては、或いは物足りなさが残るかもしれないのは、何というか境界線的なもの、何かしら薄気味悪いものが本作では弱い点をどう評価するか、という事になるのかな、と。単純に考えると、登場人物の違いという事になるのでしょうか。

ストーリー構成は上手くなって来ていますし、文章の冴えは相変わらず素晴らしいもので、この小説を書いたのが自分でないのが残念であります(笑)。


何だろう、本作品を批判する要素はそれなりにあるのですが、落ちの読める展開、弁天や海星によるデウス・エクス・マキーナ的傾向、双方の戦略的不徹底、などなど、そんな事は正直言ってどうでも良いというか。

批判しながら読むなんて無作法は論外で、勢いに身を任せて読み切るべき作品たらしめているのは、つまり他の批判されるべき作品群との違いを生み出しているのは何か?

ベタな答ですが、それはやはり、何よりも「面白きこと」を優先させる作者の姿勢にあるのではないかと思ったのであります。この作者の新たな到達点に、乾杯!


そんな感じで、今回はこれにて。
読んで頂いてありがとうございました。


関連記事

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する