スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙もない、言葉も出ない

という事で、あっさりとシーズンが終わってしまった阪神タイガースでありました。シーズンの最後を飾るには、あまりに情けなさ過ぎる2試合。


ただ振り返ってみると、井川投手が抜けた穴を埋めるのが至上命題だったとはいえ、昨オフ早々に黒田投手一人に絞った補強策が頓挫した時点で、相変わらず進歩のないフロントが足を引っ張りそうな気配があって。

よく関西人はお金にうるさいと言われますが、典型的な関西人って、実はお金の使い方が下手なんですよね。妙なところで気前が良くて、妙なところで出し惜しんで、ってのはまさに阪神のフロントのこれまでだったりするわけで。

で、それは選手への姿勢にも繋がるわけで、補強の候補を一人に絞る事は、「誠意」ってのとは違うと思うのですけどね・・・。


また、昨シーズンに最後まで優勝を争ったお陰で、若手の選手に一軍の試合で経験を積ませる機会が殆ど無くて、それも不安材料の一つだったのですが。

今年の序盤に派手な連敗をした事が若手の積極登用に繋がったのは不幸中の幸いでしたが、狩野は次第に出番が減り、林と桜井にしても、このクライマックス・シリーズ(CS)では二人で足して一人前的な使われ方でしかなく。あと上園は責められないですね。この経験を今後に繋げて欲しいものです。


しかし、結局今シーズンの終盤も優勝争いやCSの調整などで若手をなかなか起用できず、今後ますます「選手を育てる」事よりも「選手を取って来る」事が重要になりそうなのが辛いところです。


そもそも過去を振り返ると、阪神は選手育成についてはあまり芳しくないわけですが、上記のような事情があるとはいえ、監督のやり方にも多少の疑問があったりします。

つまり選手、特に投手は、我慢して使い続けるしか育成の方法は無いわけで。育成よりも目先の勝負を優先せざるを得ない状況が続いたのは確かですが、もう少し若手と中堅・ベテランとを分けた、良い意味での「特別待遇」というか。前者には経験を、後者には責任を重視した起用ができなかったかと思ってしまうのであります。

例えば、藤川投手の活躍は確かに岡田監督によるコンバートが大きかったと思いますが、その前の星野監督時代に、何度負けが続いても先発の機会を与え続けた経験も大きかったと。


監督の手腕については、CSのスタメンを見ただけで諦め気分になってしまったファンもいるのではないかと思うのですが。今の調子よりも実績重視で、「本来の実力を発揮してくれるのを我慢強く待つ」という姿勢は、ペナントレースでは良いと思うのですが、短期決戦では無残な結果しか残らない可能性が高い事は2年前にも味わった筈で。

ただ、岡田監督にしても、或いは落合監督や王監督などもそうですが、一年間を通した指揮と、短期決戦の指揮と、その両方の資質が問われる以上は、後者の事ももっと重視して欲しいですね。


選手個々については、規定投球回数に12球団で唯一達しなかった先発陣の体たらくは勿論、12球団で最低の打率を誇る野手陣も厳しいものがあって。


その中で、特に来シーズンに奮起を促したいのは、やはり矢野選手でしょうか。

シーズン終盤、盗塁を刺せず沈んだ様子の矢野選手の表情が印象的でしたが、それに呼応するかのように、リードについても攻めの姿勢が見られず、打撃も湿りがちで、これまでの実績を考えると「衰え」という言葉が浮かんで来るわけで。。

今の状況では、来シーズンは野口選手との併用がベターだと思うのですが、その状況に選手として奮起してもらいつつ、ベンチではバッテリー・コーチ的に、若手捕手を相手にのべつまくなしに喋り続けて教育を施すような、そんな役割を期待したいところです。


以上、まとまらないですが、今シーズンの総括という事で。


読んで頂いてありがとうございました。
今日はこれにて。


関連記事

テーマ : 阪神タイガース - ジャンル : スポーツ

コメント

あれほど燃え上がっていた10連勝が嘘みたい?



さっき3週間前に送られていたメールを拝見しました。
実家には帰るけど、梅田には泊まらず。
ラーメンも食べれず。

4曲目、聴きたかったよ…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。