スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ポンドの悲しみ

石田衣良氏の「1ポンドの悲しみ」(集英社文庫)を読みました。


読む前から予想はしていましたが、こうしたひねりのない恋愛小説は苦手です。

深みがない、という意見に対して、作者やファンの方々は「平凡だけどそれがリアルじゃないか」と反論するのかもしれませんし、それは確かにそうなのでしょう。現実は時に小説よりも奇であり、しかし往々にして小説ほどドラマティックではなく、故に小説は難しいのだと思います。

だから正確に言うと、浅いから駄目なのではなく、「深みもあるように見せかけている(或いは、深みがあると思っている)のに実は深くない」から余計に目に付くのでしょう。


とは言え、好きなものばかりを読んでいてはどうしても偏ってしまうわけで、たまに自分の範囲外のものを読んでみるのも良いものだな、と思ったので、読後感はそれほど悪いものではありませんでした。

個人的には10段階で3程度ですが、それはあくまでも好みの問題でありまして、この種の恋愛小説が好きな方には、Mr.Childrenの「HOME」辺りをバック・ミュージックに読んで頂くと素敵な時間を過ごせるのではないかと思うのでした。


読んで頂いてありがとうございました。
今回はこれにて。
関連記事

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。