FC2ブログ

Mac mini 2018のディスプレイ問題

ただでさえ最近時間に追われる毎日なのに、どうにも最近のApple製品は微妙な(でも割と真剣に困るような)問題が多くて厄介ですね。

今日は表題の件について、現状を記録しておきます。

当初はEIZOのモニタに付属していたUSB-C to USB-Cケーブルで接続していたのですが、ある日スリープからの復帰時に、一瞬だけ画面が映ったと思ったらぷっつり消えて以後はうんともすんとも言わなくなってしまいました。

なのでBelkinのUSB-C to USB-Cケーブルを新たに購入して、しばらくは順調に使えていました。同じ轍を踏まないようにスリープはしない設定にして、でもスクリーンセーバーだけは動かしていたところ。わりと長い時間モニタの前を離れた時があって、復帰しようとキーを叩いたら前回と同様に一瞬だけパス入力画面が出た直後にぷつっと消えて、またもや使い物にならなくなりました。

そんなわけで今度はHDMI to HDMIケーブルに変更したところ、起動時に毎回ぱっと画面が映らなくなる瞬間があって、不安な気持ちを抱えながら使っていました。
すると先日のこと、スクリーンセーバーから復帰したと同時に画面が緑がかった状態になってしまい。手動でスリープ状態にしてすぐに復帰したら元に戻ったものの、かなり雲行きが怪しくなってきたなと思っています。

次はUSB-C to DPケーブルを試そうかと思っていますが、根本的な解決を早いとこお願いしたいものですね。


そんな感じで今月はこれにて。